40~50代こそ、ベンチャー成功の適齢期

【特別鼎談】起業を盛り上げるためのカギとは?

「いいVC、悪いVCとは?」「元気な起業家は増えているのか?」「国の起業家支援、どうすればいい?」――。こうした数々のテーマについて語り合った。
お招きしたのは独立系VCとして発展を続けているグロービス・キャピタル・パートナーズのマネージング・パートナーを務める仮屋薗総一氏、セールスフォース・ドットコムのコーポレートディベロップメントシニアディレクターとして日本での投資を推進する倉林陽氏。後編では、主に「大企業とスタートアップの関係」「政府に取り組んでほしいこと」について話し合った。

前編はこちら

倉林:前回は一度失敗した起業家でも再スタートを切るべきだという話になりましたが、アメリカではベンチャー経営者としては失敗した創業者が、プロの経営者に経営の権限を委譲することもあります。まだ日本では代わりに経営をやってくれる人が少ないけれど、こういうサイクルが回ると、この仕事もやりやすくなるでしょうね。

たとえば大企業にいらしたベテランで、いいテクノロジーを持っているけれど、「ベンチャー経営は初心者です」という方が、ベンチャー経営のプロと2人でチームを組むようなことができたら面白いと思いますよ。

アメリカのベンチャーは40~50代が中心

伊佐山:それは日本のベンチャー業界を盛り上げるためのキーになる考えですよ。ベンチャーというと若い人を応援するものだというイメージが強いけれど、アメリカのベンチャーはほとんどが40代、50代ですよね。なぜなら半導体などの技術は、大企業に15年、20年いなければ身につかない。ということは、そもそもベンチャーを始められない。だからベンチャーの絶対数で言うと、圧倒的に中年の人が多い。

日本は高齢化が進んでいるし、高齢者抜きでベンチャーを考えるのはナンセンスですよ。新旧の組み合わせでおもしろいチームをつくるという意味では、ライフネット生命の出口治明さん、岩瀬大輔さんのコンビは理想的だと思います。

仮屋薗:あれはいいパターンですよね。

伊佐山:ああいうことがもっとできるといいですよね。僕は以前大和証券の役員だった人に、ポケラボという会社の監査役になってもらう機会がありました。ソーシャルゲームの会社って若者ばっかりだから、年齢的には彼らの父親より年上かな。でもその人がいると、なにかトラブルがあっても「まあまあ」と収めてくれるので、社内不和がすぐ彼のところに持ち込まれるんですよ。常識を知らない若者を注意してくれることもある。だから出口さんのように還暦過ぎの人と、これから経営者になろうとする若い人が組むというパターンは、これから日本でも増えるべきだと思います。

次ページ年長者の強みとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT