ソニーがWiLと設立する「Qrio」の衝撃

第一弾はスマートロック、その狙いは?

現在、「スマートロック」はクラウドファンディングサイト「Makuake」を通じ、200個限定で申し込みを受け付けている

ソニーが自社技術を活用したユニークな事業スキームに乗り出した。組んだ相手はWiL, LLCだ。両社はスマートフォンを活用したドアロックの開発・製造・販売及び、その運営サービスを提供する合弁会社設立の契約を12月12日に締結。新会社となる「Qrio株式会社」を12月中に設立する。

何が画期的なのか?

出資比率はWiL Fund I,LPが60%、ソニーが40%。取締役はWiLから2名、ソニーから2名で、資本金は3億3350万円という形。この新会社は、市場の拡大が予測されるスマートホーム領域において、ソニーが保有する無線セキュリティ技術、公開鍵認証技術などを活かしたスマートロックを開発、製造し、2015年度から、個人および法人に向けに販売を行う予定。現在、スマートロックはクラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて200個限定で受付をしている。

スマートロックのアイデアはWiLが今年夏にソニーに提案。そこから数カ月で契約締結に至った。「WiLがプロデュースを行い、ソニーは技術を出す、Qrioという商標を出す、という協力関係。画期的な点は、ソニーの子会社ではなく、インディペンデントなプロジェクトとして進めていくこと。Qrioではスマートロックを第一弾として、これからソニーの技術を活用した新製品をどんどん出していけると思う」と伊佐山氏は言う。

このプロジェクトは、雇用流動性の低い日本の大企業の中に眠る才能、技術を導き出すという点で、「日本型イノベーション」といえるだろう。自社技術の製品化へ向けた新ルートができたことにより、ソニー社内の技術者は大いに刺激を受けるだろうし、他のエレクトロニクス企業も刺激することになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT