挫折か転機か?東大ママの「産後人生」

対等な夫婦関係は幻想だった?

出産育児が、東大女子初の挫折になる?(写真:まちゃー / Imasia)

進学校出身、現役で東大……という経歴だと、だいたい就職活動で聞かれるのが、「キミ、挫折とか失敗したことないんでしょ」という質問。

若干、イラっとしながら「試験でいい点数を取ることが人生における成功の定義ならそうかもしれませんね」「挫折とか失敗とかが多いほうが偉いんでしょうか」「それは失敗する前に人並み以上に努力して準備しているからだと思いますけど」とか言い返したくなりつつ……。

でも正直、確かに、東大生は「人生、努力しさえすればなんとかなる」といった、マッチョな能力主義的が何となくキャンパスに漂っていると思います。下の附属校から上がれる大学と違って、全員が大学受験を経てきているから……。

根っこは恵まれた環境の出身者が多くて、その環境が「努力できる素質」を作ってくれていたとしても、やっぱり「今の場所にいるのは自分の努力によるもの」と思いがち。

でも。妊娠・出産・育児って、そういうわけにいかないんですよね。どんな子どもが生まれてくるか、わからない。いざ生まれてきたら、こちらの思いどおりにならないことばかり。「努力」だけでは乗り越えられません。

出産は、東大卒女性たちにとっていわば「初の挫折」体験になるのでしょうか。今回は、東大女性たちの生活が、出産によりどう変わっているのか見ていきたいと思います。

対等なはずだった夫との関係はどうなってしまうのでしょう? 男性の方々も、産後女性からの辛辣な発言をご堪能ください。

次ページ崩れていく夫婦
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。