私たちは「流産リスク」にこう向き合った!

周囲に早く言うべき、でもなかなか言えない

(写真:Chagin / PIXTA)

※前回記事:妊娠報告、女性たちはこんなに悩んでいる!

どうしても気になる「流産リスク」

東大ママたちで話題になった「妊娠を周囲に伝えるのは安定期に入ってからがいいのか」という問題。意外と妊娠判明直後に直属の上司に報告している人が多かったのですが、その際、やはり気になるのは流産のリスクです。

今回は出産経験者たちが、流産の可能性をどのようにとらえて行動していたのかという経験談や、社会的に妊娠リスクに対する認知が広まれば、もう少し妊婦自身が悩む必要がなくなるのではないかという議論について紹介したいと思います。

安定期に入るまでが、つわりがいちばんつらい、でも安定期に入るまでできるだけ周囲には報告をしないほうがいい――。その理由のひとつに、流産の可能性が上げられます。多くの女性が懸念を口にしています。

・早めに周囲に伝えたほうがいいのはわかっているのですが、やはり妊娠初期の流産リスクが高いことは事実。早めに言ってしまって、結果、「流産しました」報告も多くの人にしなければいけないことを思うと、その自分のダメージは計り知れないと思います。上司や仕事に深く関係する人にはすぐ言う、広く言うのは、安定期に入る12週以降とするような気がします。
次ページ早めに伝えたほうがいいのはわかっているけれど…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT