「100年に1人の逸材」棚橋弘至のキャリア論

新日本プロレス・棚橋選手に直撃!(前編)

塩野:社会人でさえ、けっこう「気にしい」で、病んじゃう人いますからね。

棚橋:そうですね。そういう自分に必要のない情報をうまくはじいてはじいて、褒められているところだけを見るスキルもひとつの能力だと思いますよ。

塩野:なるほど、気にしないのも能力のひとつですか。

棚橋:どうしても気になる方は、ポジティブに転換すると無理があるので、受け入れてしまうことですね。受け入れて、あとで見返してやればいい。

塩野:それもまた「野心」ですね。

“いつか見返してやる”という気持ちをずっと持っていた

棚橋:ノアという プロレス団体がすごく人気があったとき、僕はノアの選手にボコボコに負けたことがありました。その時、「絶対にこいつらより有名になって、チャンピオンに なってやる」と決めた。直接戦えなくても、自分がもっと有名になって、結果を出して強くなって、世界で評価されるようになれば、「なんだよ、棚橋かよ」と 思ってた他団体の人間を見返してやれる。僕、カラッとしているように見えて、実はけっこうどす黒いところもある、しつこい性格なんですよ。

塩野:「太陽の天才児」と言われているのに。

棚橋:太陽にも黒点がありますから(笑)。

塩野:でもそういう気持ちを持ち続けるのが大事ですよね。棚橋さんは新日本が冬の時代だったとき、「有名じゃないオレが悪いんだ」みたいなことをおっしゃっています。サラリーマンにも、お客さんにひどい扱いをされたり、社内で理不尽な目にあったりして、「自分がすごくないからダメなんだ」って思うときがあると思うんです。

棚橋:「もっと実力があれば」とか、「一度でもでかい仕事を成功させられれば」、みたいなときですよね。そういうときに自分が試されるんですよね。

僕の試合はいまでこそ、棚橋コールが起こったり、手拍子が起きたりしてすごく華やかですけど、こうなったのは最近です。昔は一生懸命試合しているのに、コールも起きない、拍手も起きない。そういう中で長年やってきたので、僕の歓声に対する飢餓感は、今の若い子たちとは段違いなんですよ。

コールが欲しいんです。コールがうれしいんですよ。だからそのためにどうすればいいか考えました。それが有名になるということです。有名になれば自分を知っている人が増える。知っている選手は応援しやすい。もっと世間的に有名になれば、興味をもって会場に来てくれる人も増えるだろう。そう考えていましたね。一般の仕事では、有名になるというのはまたちょっと違う話かもしれないですけど。

塩野:でもどんな業界でも、名が売れるということはありますよね。次回は実力で有名になるにはどうすればいいのかということから、お聞きしたいと思います。

(構成:長山清子、撮影:今井康一)

中編は11月11日(火)、後編は14日(金)に公開します。お楽しみに!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT