世界が羨望する日本女子プロレスの「異端児」

変幻自在のASUKAは批判や嫉妬にブレない

世界で活躍するASUKA選手に日本人が世界で活躍するために必要なポイントを聞く
東洋経済オンラインに集いし労働者・学生・市民諸君!「若き老害」こと常見陽平である!
世界最大のプロレス団体、WWEの日本公演が7月1日(金)、2日(土)に東京・両国国技館で開催された。
その日、リングに女神がいた。最高にかっこいい日本人女子レスラーが。彼女の名前はASUKA(明日華)。日本では、華名のリングネームで活躍していた。大阪出身の彼女は、美術短大を卒業し、会社に入ってデザインの仕事をしていたという異色の経歴の持ち主だ。女子プロレスデビュー後も「本人主催興行を行う」「他団体に積極参戦する」「プロレス以外にも会社を経営する」など女子プロレス界の異端児として知られていた。
2015年9月にWWEと契約。関連団体の「NXT」で活躍し、2016年の4月にはNXT女子王座であったベイリーを倒し、無敗のまま、日本人初のNXT王者となった。
1人の日本人女子プロレスラーが、WWEから最上級の評価を得てスカウトされ、日本を離れ世界を舞台に活躍するまでに、どのような経験をしてきたのか。ASUKAが世界のファンを魅了するのはなぜか。日本人が世界で活躍するために必要なポイントは何か。プロレスファン以外もぜひ読んで欲しい!世界で活躍する負けない日本人女性の声を聞け!

世界最大のプロレス団体が認めた自己プロデュース力

この連載の記事一覧はこちら

常見 陽平(以下、常見):昨日(7月1日)の試合、感動しました。泣きましたよ。

ASUKA:本当ですか?

常見:ASUKAという名前が出た途端、会場は大歓声でした。入場してコーナーポストで衣装を広げた時の「華」がすばらしかったです。言葉にできないカッコよさでした。プロレスのスタイルも、グランドや関節技の攻防から、ASUKAさんオリジナルのダンスをするパフォーマンスまで、日本のプロレス、ASUKAさんの過去と現在がつながっていて。しかも、米国、世界のプロレスの要素も入っている、という。プロレスってこんなにすごいのかと思いました。

ASUKA:ありがとうございます。

次ページなぜ、WWEに行こうと思ったのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。