「まずは起業、ダメだったら就職すればいい」

仲間づくり、メンターづくりで道は拓ける

「プロフェッショナル対談」は、経営共創基盤のマネージングディレクターである塩野誠氏が、次の時代を切り開くリーダーと対談し、キャリアについてのホン ネを引き出すコーナーです。5人目のゲストはインフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナーの小林雅さんです。その後編です。 ●前編はこちら

 

ベンチャーキャピタリストになるまで

塩野:小林さんは大学卒業後、どういう経緯でベンチャーキャピタリストになったんですか。

小林:僕は浪人して東大に入ったんですが、浪人中にJリーグが発足しまして、それまで野球をしていたけど、大学に入ったらサッカーをやろうと思ったんです。でも僕はサッカーがうまくない。それなら自分よりうまいヤツを集めればいい。そう思ってスカウト活動に励んでつくったチームが、3年後に東京大学の大会で1位になったんです。

それで大学2年生のとき就職本を読んだら、経営コンサルタントの仕事内容やその職業観が書いてあって、「なるほど、僕がサッカーチームをつくった考え方と一緒だな」と興味を持った。もっと詳しく知りたくて、どこか経営戦略を勉強できるところはないかと探したら、大学にベンチャービジネスの勉強会がありました。僕が大学生だった1995〜96年当時は、シリコンバレーのベンチャーブームだったんですよ。その勉強会にベンチャーキャピタルについて論文を書いている人がいて、それでベンチャーキャピタルという存在を知り、その人にくっついていっては、いまも活躍中の人にインタビューしたりもしました。ベンチャーキャピタリストはアメリカではすごく尊敬されるかっこいい仕事だとわかってきて、キャピタリストにあこがれるようになりましたね。

次ページ大学で専攻していた学科は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。