隠れたネットの巨人、リクルートのジレンマ

迫り来る「破壊的イノベーション」への危機感

株式上場の熱狂の裏でリクルートが直面しているジレンマとは(写真は今村健一人事統括室室長)

「IT人材を300名採用して2015年4月までには1000名体制にしたい」

リクルートホールディングスで人事・組織戦略の責任者を務める今村健一・人事統括室室長氏は力を込めた。

筆者の目の前に現れた今村氏自身、ジャケットを脱ぎ去り、エンジニアが愛用する黒いパーカーを身にまとっていた。エンジニアの人材強化を自ら強調するかのように――。

2014年3月期の連結売上高が過去最高の1兆1915億円、営業利益は1174億円に上り、今年10月16日に株式上場するリクルート。順風満帆にみえるリクルートに今、何が起っているのか。

本短期連載では、リクルートの「IT化」「グローバル化」への挑戦、そして、巨人・リクルートが抱える“ジレンマ”を集中レポートしていく。第1回ではその「隠れたネットの巨人」の本質に迫る。

実はサイバーエージェント、DeNAを陵駕

「第2創業に近い転換をしなくてはいけない」(今村氏)。

1960年の故江副浩正氏の会社創業が第1の創業だとすれば、1988年のリクルート事件からの復活が第2創業。「IT化」「グローバル化」を前面に打ち出したグローバルネット企業への変貌は、第3創業とも位置づけられる。経営、組織、企業文化も、大きく変わろうとしている。その第1歩がIT化だ。

「紙からビジネスを始め、ネットに軸足を変えた後も、継続的に成長を続けている企業はおそらくどこにもなかった。リクルートが世界初」。リクルートホールディングス社長の峰岸真澄氏は、こう2年前に発言している(2012年6月「インフィニティ・ベンチャーズ・サミット」)。

世界初かどうかは別としても、紙の情報誌からビジネスを始めたリクルートは早くからネット化の道を歩んでいた。そして今、リクルートはネットの巨人と言って差し支えない。

論より証拠。数字に語ってもらおう。

2012年3月期のメディア別売上構成比によると、有料誌、フリーペーパー、ネット・モバイルのうち、ネット・モバイルがすでに46.7%を占めていた。株式会社リクルート(旧)時代の単体売上高は約3720億円。当時、すでに約1737億円がネット・モバイルでの売り上げだったことがわかる。

ちなみに、国内ネット広告代理店のトップ、サイバーエージェントの2012年9月期の連結売上高は約1411億円、ゲーム事業を主力とするDeNAの2012年3月期の連結売上高は、約1465億円だった。当時、リクルートのネット事業の売上高は、すでにサイバーエージェント、DeNAの売り上げを凌駕するほどの規模にあったことになる。

次ページなぜ紙とネットの融合に成功できたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。