どうせやるなら世界基準のビジネスをやろう 炸裂! グーグルOB起業家のホンネトーク(前編)

拡大
縮小
6月下旬、3人のグーグルOBに集まってもらいました

山田 今日は、グーグルOBのスタートアップ3人に集まってもらいました。起業ブームともいわれる中で、グーグル系スタートアップは、事業内容がシンプル。何の問題を解決するかが明確で、日本国内だけでなく世界にスケールするポテンシャルを持っている。これから起業を考える予備軍にとっては、教科書のような存在だと思います。

まずは、読者に向けて一言ずつ、自己紹介と、それぞれのビジネスの中身を説明してください。シンプルに説明できるところがすごいところなので、なるべく一言でお願いします。

佐々木 私は2012年に会社を立ち上げました。「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」という、クラウドで使える会計システムサービスを提供しています。

佐藤 2010年にできた「Freak Out(フリークアウト)」という会社のCOOをやっております。業務内容はザックリ言うと、「インターネット広告の効率的な取引インフラの開発」です。

画像を拡大
倉岡 寛(くらおか ひろし)●2007年にグーグルに新卒入社。検索担当プロダクトマネージャーとして日本の検索シェアに責任を負い、プロダクト企画開発に携わる。11年にグリーに転職後、13年に「クービック」を創業。ローカルサービスを運営している事業主向けに、予約システム + 顧客管理できるサービスを提供。

倉岡 「Coubic(クービック)」というインターネットの予約システムをつくるサービスをやっています。グーグル退社後はグリーで働いていたので、今の会社は2013年に立ち上げたばかりです。

山田 佐々木さんのfreeeは、スタートアップにとって、ひとつのブランドになっていますよね。会計にfreeeを使っているとイケてる会社だと思ってもらえる。伝統的なパッケージソフトを使っていたら、ダメなイメージがある。

佐々木 ありがとうございます。うちは会計ソフトの会社で、まあ、そんなにカッコいい業種ではない。でもうれしいことに、うちのみんなは会社のロゴが入ったTシャツを会社に着てきてくれるんですよ。

佐藤 僕は佐々木さんが、このTシャツを着ているとこしか見たことないです。

佐々木 僕は毎日着るようにしているの。社長だからね。

社員数が1年で10倍に

山田 会社をつくってからわずか2年で、ブランドができたのはすごいですよね。

佐々木 製品を出してからは、まだ1年ちょっとですね。

佐藤 まだ1年ちょいなんですか? それはすごい。

佐々木 去年の今ごろは、まだ社員が4人しかいなかった。

倉岡 それがいまは40人でしたっけ。1年で10倍ということですね。

 

次ページ「広告配信がなんかいい感じになるサービス」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT