どうせやるなら世界基準のビジネスをやろう

炸裂! グーグルOB起業家のホンネトーク(前編)

6月下旬、3人のグーグルOBに集まってもらいました

山田 今日は、グーグルOBのスタートアップ3人に集まってもらいました。起業ブームともいわれる中で、グーグル系スタートアップは、事業内容がシンプル。何の問題を解決するかが明確で、日本国内だけでなく世界にスケールするポテンシャルを持っている。これから起業を考える予備軍にとっては、教科書のような存在だと思います。

まずは、読者に向けて一言ずつ、自己紹介と、それぞれのビジネスの中身を説明してください。シンプルに説明できるところがすごいところなので、なるべく一言でお願いします。

佐々木 私は2012年に会社を立ち上げました。「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」という、クラウドで使える会計システムサービスを提供しています。

佐藤 2010年にできた「Freak Out(フリークアウト)」という会社のCOOをやっております。業務内容はザックリ言うと、「インターネット広告の効率的な取引インフラの開発」です。

画像を拡大
倉岡 寛(くらおか ひろし)●2007年にグーグルに新卒入社。検索担当プロダクトマネージャーとして日本の検索シェアに責任を負い、プロダクト企画開発に携わる。11年にグリーに転職後、13年に「クービック」を創業。ローカルサービスを運営している事業主向けに、予約システム + 顧客管理できるサービスを提供。

倉岡 「Coubic(クービック)」というインターネットの予約システムをつくるサービスをやっています。グーグル退社後はグリーで働いていたので、今の会社は2013年に立ち上げたばかりです。

山田 佐々木さんのfreeeは、スタートアップにとって、ひとつのブランドになっていますよね。会計にfreeeを使っているとイケてる会社だと思ってもらえる。伝統的なパッケージソフトを使っていたら、ダメなイメージがある。

佐々木 ありがとうございます。うちは会計ソフトの会社で、まあ、そんなにカッコいい業種ではない。でもうれしいことに、うちのみんなは会社のロゴが入ったTシャツを会社に着てきてくれるんですよ。

佐藤 僕は佐々木さんが、このTシャツを着ているとこしか見たことないです。

佐々木 僕は毎日着るようにしているの。社長だからね。

社員数が1年で10倍に

山田 会社をつくってからわずか2年で、ブランドができたのはすごいですよね。

佐々木 製品を出してからは、まだ1年ちょっとですね。

佐藤 まだ1年ちょいなんですか? それはすごい。

佐々木 去年の今ごろは、まだ社員が4人しかいなかった。

倉岡 それがいまは40人でしたっけ。1年で10倍ということですね。

 

次ページ「広告配信がなんかいい感じになるサービス」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT