リクルートは"自らの限界"を超えられるか?

迫る「破壊的競合」を前に、隠れた”巨人”は…

順風満帆に見えるリクルートが抱えるジレンマとは?

グローバルネット企業への変革に挑むリクルート。本短期連載では、巨人・リクルートが抱えるジレンマ、そしてその先を見据えた「IT化」「グローバル化」をみていきたい。

前回は、「隠れたネットの巨人」、リクルートの現状について伝えた。今回は、リクルートが抱える“ジレンマ”に迫ってみたい。

リクルートがおそれる? イノベーションのジレンマとは

リクルートの主要事業は依然好調だ。リクナビなどの人材メディア事業、SUUMOやゼクシィなどの販促メディア事業、人材派遣事業、いずれも2014年3月期増収、EBITDA(「営業利益+減価償却費+のれん償却額」)も増加。リクナビ、ゼクシィなどは依然業界トップレベルを誇る。ネット全盛の時代になっても、リクルートの事業は一見、盤石にみえる。

だが、リクルートホールディングスで人事統括室・室長を務める今村健一氏の見方は違う。

「いつ大波が来るかわからない。危機感を持っている。現状はとても調子がいいし、まだ成長の余地はあるが、安心はしていない。『イノベーションのジレンマ』における破壊的な競合相手がグローバルレベルでどんどん出てくるだろう。そのため早めに手を打たないと」。

今村氏が口にした「イノベーションのジレンマ」とは、ハーバード・ビジネス・スクールの教授、クレイトン・クリステンセンが提唱したもの。顧客の声に耳を傾け、製品・サービスの向上を持続的に続ける優良企業が、既存の事業構造を破壊するような新興企業の新技術・新サービスの成長に直面し、衰退してしまうという理論だ。

リクルートが衰退するなんてありうるのか。いま少し、「イノベーションのジレンマ」についてみてみたい。

次ページグーグル、LINEが競合?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT