ミクシィ朝倉氏が描く「次のキャリア」とは?

2020年東京五輪への出場にも照準

新たに始まる、「プロフェッショナル対談」は、経営共創基盤のマネージングディレクターである塩野誠氏が、次の時代を切り開くリーダーと対談し、キャリアについてのホンネを引き出すコーナーです。第1回のゲストはミクシィ社長を退いたばかりの朝倉祐介氏。前編、後編に分けてお届けします。動画では、2020年東京五輪出場を目指す「意外な競技」について語っているので、こちらも必見です。(編集部)

塩野 朝倉さん、ミクシィの社長を退任なさったばかりのところに来ていただき、ありがとうございます。まずはお疲れさまでした。1年少しの間でしたが、「いろいろあったけれど後悔はない」とおっしゃっていましたね。

朝倉 そうですね。もともと1年の任期でしたし、やるべきことは全部やりきった感じがあります。会社の立て直しというのは夏休みの宿題みたいなもので、やらなければいけないことは大体わかっているんです。ただ手をつけるのは気が重いし、実際やってみると大変だから8月の最終週まで先伸ばしてしまう。でもやらなきゃいけないから粛々とやっていたら、思ったより早く、8月の25日くらいに終わったという感じですね。

塩野 なるほど。問題がわかっているのに先送りしてしまう企業が多いなかで、やるべきことをやれたのはいいことですよ。

朝倉 そうですね。ずっとプロパーでやってきた人間だったら難しかったと思います。

ミクシィ社長になることを予想していた?

朝倉祐介●1982年7月兵庫県西宮市生まれ。中学卒業後、単身オーストラリアクイーンズランド州の競馬騎手養成学校に入学。体重面の問題で1年後帰国、北海道浦河町で調教助手となるも交通事故に会い競馬の道を断念。大学受験資格を取得できる専門学校に3年間通い、20歳で東大法学部に入学。2007年4月マッキン ゼー・アンド・カンパニー入社。国内外の大手企業、公的機関の戦略立案、オペレーション改善プロジェクトなどに従事。2010年8月、自身が学生時代に立ち上げたネイキッドテクノロジーに出戻り代表取締役社長兼CEOに就任。2011年10月、同社をミクシィに売却したことを機にミクシィ入社。事業開発などを担当 し、2012年7月執行役員経営企画室長に就任。2013年6月社長、2014年6月顧問。

塩野 そういう意味では、朝倉さんが外部からパラシュート的に社長になったのはインパクトがあったと思います。朝倉さんはご自分の会社をミクシィに売ったことから、ミクシィに入社したわけですが、ご自分の会社がミクシィに買われたときは、その後、自分がCEOになるということは1ミリくらい予想していましたか。

朝倉 まったく予想していませんでした。自分の会社を売ったときは、株主の利益を代表する立場として、いちばん高く評価してくれるところはどこかという目で見ていましたから。

でも気持ちの面では、数社見ているなかでも、ミクシィがいちばんやりやすいだろうなと思っていたところはあります。エンジニアリングやサービスについては一日の長がある一方で、マネジメントについては印象がなかったので。

入社当時はミクシィで新規事業をやりたいと思っており、自分の腕を振るう余地がありそうだと思っていました。ただミクシィ全体の経営を任されるようなことは、まったく考えていませんでしたね。

次ページ即答で社長を引き受けた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT