「最大の敵は、昔のミクシィだ」

株価暴騰中! 31歳朝倉社長に、改革の痛みを聞いた

朝倉社長(右)は、ミクシィを再生できるか(左は笠原会長、撮影:梅谷秀司)

読者のみなさんは、胃がキリキリと痛くなるほど、悩んだ経験はあるだろうか。

今回は、生き残りをかけるミクシィ若社長の苦しみを扱おう。いまや「マイミク」という言葉すら懐かしく感じるかもしれない。実際に、広告収入が落ち込み、同社の今2014年3月期計画は初の赤字転落見通しだ(売上高は前期比37%減の80億円、純損失25億円)。スマートフォン向けゲーム「モンスト」の急成長をハヤし、株価は連日大賑わい。だが、一方で、買収を決めた新事業の中には「婚活サイト」や「(男女)マッチング事業」も含まれるなど、一見「迷走」にも見える。

ミクシィ再生の苦しみとは?同社は本当に復活するのか?今年6月、30歳(当時)にして新社長となったミクシィの朝倉祐介社長との対談から、同社の実情と、逆境の中での決断について考えていきたい(敬称略)。

「成功体験」がミクシィをダメにした

そもそも、ミクシィがこの数年で急速に業績を悪化させた背景には、フェイスブックなどの競合の影響以前に、もっと大きな問題があった、と朝倉は語る。

「最大の問題は、かつての『大成功』だった。フェイスブックがまだ海外モノでとっつきにくかった頃、タイミングよくSNS『mixi』が拡大した。正直、運が良かった。しかし、非常に若い会社が、運よく大成功した結果、大企業病に陥ってしまった」。

『mixi』という日本最大のSNSを運営している余裕。頑張っても頑張らなくても安泰。いつの間にかチャレンジ精神は失われた。開発もどこかにおごりが出た。社員は、いつのまにかユーザー目線よりも、「斬新なことをやりたい」という自己満足に浸っていった。

次ページ自分を都合よく評価する「甘えの構造」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT