ウィーン・フィル「奇跡の日本公演」緊迫の舞台裏

コロナ禍に来日、全国8公演をどうやりきったか

コロナ禍において満席の観客を集めた日本公演の舞台裏に迫った(写真:サントリーホール)

「こんなときだからこそ、ウィーン・フィルのあの響きを聴いてほしい、なんとしても公演を実現させたいと思いました」

サントリーホール総支配人の折井雅子氏は述べる。

2020年11月、オーストリアに本拠を置く「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団」が来日し、満席の観客を前に全国8公演にわたる日本ツアーを行った。コロナ禍の中で、来日はなぜ、かなったのか。いかにして感染を防ぎながらコンサートの開催にこぎつけたのか。仮に、公演でコロナ感染者が出れば、社会的に批判されるのは確実だ。コロナ・リスクはまったくなかったのか――。逆境と困難を前に何をどうすればよいか。コロナ禍での公演から得られた教訓は、東京五輪・パラリンピック開催のヒントになるに違いない。

4半世紀にわたる信頼関係とサントリー本体の応援

むろん、公演の実現には、1999年以降、サントリーホールとウィーン・フィルとの4半世紀にわたる信頼関係と同時に、サントリー本体の応援があったのは間違いない。サントリーはもともと、2代目社長の佐治敬三氏以来、文化活動に力を注いできた。現在、その息子でサントリーホールディングス会長の佐治信忠氏もまた、文化活動に強い思い入れがあり、「公演がやれるように頑張れ」とスタッフを激励した。

「ギリギリのタイミングでしたね」

サントリーホール副支配人兼・企画・広報統括部長の白川英伸氏は振り返る。

サントリーホールがWeb上で公演開催決定のリリースを発表したのは、同年10月30日で、公演の6日前だった。チケットはすでに4月末に売り出されていた。コロナ禍による海外アーティストの入国制限が続く中で、公演は開催できるのだろうかと、音楽関係者、音楽ファンはやきもきした。とてもムリだろうと考える人が多かった。

「ウィーン・フィルは自主運営のオーケストラで、いわゆる“雇われ”ではありません。ですから、彼らは“演奏したい”という気持ちからスタートし、そのためになにができるかを自分たちで考え、話し合ってきました。4日に一度、メンバー全員の新型コロナウイルス検査を行うなど感染症対策をしながら、公演を安全に実施するための準備を進めていました。検査の実施は彼ら自身が決めたことです。周りから検査をしろといわれたわけではありません」(白川氏)

とはいえ、ウィーン・フィルが万全の感染防止対策をとったとしても、コロナ禍に海外のオーケストラを呼ぶのは簡単ではない。

現に、今回ウィーン・フィルは、日本、中国、韓国、台湾をまわるアジアツアーも計画していたが、中国、韓国、台湾の3カ国は、コロナ禍での公演はむずかしいとキャンセルされていた。

次ページ日本のサントリーホールが公演に踏み切ったワケ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT