コロナ禍で積極採用、タクシー大手が狙う果実

業界2位の国際自動車社長が語る生き残り方

「kmタクシー」の愛称で知られる国際自動車の西川洋志社長(筆者撮影)
未曾有の危機を迎えているタクシー業界。そんな中で日本交通に次ぐ、620億円(2019年度)という業界2位の売り上げを誇るのが、「kmタクシー」の愛称で知られる国際自動車だ。2020年に創立100周年を迎えた同社は、原則的に50歳を超えた乗務員の採用は行わず、本社に近接するにホスピタリティハウス、研修センター、採用相談窓口を作るなど、徹底して新卒・未経験者の人材育成に投資を行ってきた企業でもある。
国際自動車ではコロナ禍の今だからこそ、高齢者が大半を占めるというタクシー業界の風習を打破すべく取り組みに注力しているという。今後のタクシー業界はどこに向かっていくのか。社長の西川洋志氏に、業界の未来、コロナ禍の実情、人材育成にかける思いを聞いた。

感染者増で売り上げが再び落ち込んでいる

――2020年はタクシー業界全体が過去に例のない水準の大打撃を受けました。あらためて振り返ってみていかがでしょうか。

グループ全体で苦しい1年だったことは間違いないです。いちばん厳しかったのが、4、5月。緊急事態宣言下では、通常の半分くらいしか稼働させなかったこともあり、前年比の30%程度まで売り上げが落ちました。

この連載の一覧はこちら

そこから少しずつ上がってきて6月くらいから回復傾向に転じてきた。8月に夏休み入って経済活動が鈍って少し落ち込んだけど、9、10、11月は戻り始めました。

ただ11月後半からまた落ちはじめ、今はまたよくない状況になっている。

2019年ベースでみると当社の1台当たりの平均売り上げ(1乗務)が約5万6000円。それが去年は10月の一番いいときですら4万5000円でした。何とか前年の7割近くまで戻ってきていた数字が、感染者増に伴い12月以降は再び落ち込んでいます。

次ページバス事業は最も厳しい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT