コロナ禍で積極採用、タクシー大手が狙う果実

業界2位の国際自動車社長が語る生き残り方

「kmタクシー」の愛称で知られる国際自動車の西川洋志社長(筆者撮影)
未曾有の危機を迎えているタクシー業界。そんな中で日本交通に次ぐ、620億円(2019年度)という業界2位の売り上げを誇るのが、「kmタクシー」の愛称で知られる国際自動車だ。2020年に創立100周年を迎えた同社は、原則的に50歳を超えた乗務員の採用は行わず、本社に近接するにホスピタリティハウス、研修センター、採用相談窓口を作るなど、徹底して新卒・未経験者の人材育成に投資を行ってきた企業でもある。
国際自動車ではコロナ禍の今だからこそ、高齢者が大半を占めるというタクシー業界の風習を打破すべく取り組みに注力しているという。今後のタクシー業界はどこに向かっていくのか。社長の西川洋志氏に、業界の未来、コロナ禍の実情、人材育成にかける思いを聞いた。

感染者増で売り上げが再び落ち込んでいる

――2020年はタクシー業界全体が過去に例のない水準の大打撃を受けました。あらためて振り返ってみていかがでしょうか。

グループ全体で苦しい1年だったことは間違いないです。いちばん厳しかったのが、4、5月。緊急事態宣言下では、通常の半分くらいしか稼働させなかったこともあり、前年比の30%程度まで売り上げが落ちました。

この連載の一覧はこちら

そこから少しずつ上がってきて6月くらいから回復傾向に転じてきた。8月に夏休み入って経済活動が鈍って少し落ち込んだけど、9、10、11月は戻り始めました。

ただ11月後半からまた落ちはじめ、今はまたよくない状況になっている。

2019年ベースでみると当社の1台当たりの平均売り上げ(1乗務)が約5万6000円。それが去年は10月の一番いいときですら4万5000円でした。何とか前年の7割近くまで戻ってきていた数字が、感染者増に伴い12月以降は再び落ち込んでいます。

次ページバス事業は最も厳しい
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT