タクシー運転手70歳男性が述懐する仕事の功罪

流転タクシー第1回、彼が18年続ける理由

タクシーからの風景。写真はイメージ(写真:nagamasa / PIXTA)  
新型コロナウイルスの感染拡大で影響を最も受けている業種の1つであるタクシー。3月15日配信の記事「コロナショックでタクシー運転手が上げる悲鳴」では外出自粛などで売り上げが激減しているタクシードライバーの声を取り上げた。日に日にコロナショックの影響は深刻化しており、東京都のタクシー会社ロイヤルリムジンは全社員約600人を解雇し営業の一時停止に追い込まれている。
町の活気を示す1つの指標でもあるタクシードライバーたち。この職を選んだ彼らは、どんな生活を経て流れ着いたのか。1人ひとりの人生を深掘りしながら考えてみたい。今回は人形町を拠点にする個人タクシードライバー(70歳男性)だ。

18年間続ける彼が語ったこと

コロナの影響が現在ほど深刻ではなかった2月、時計の針は深夜1時を回ろうとしていた。場所は東京都中央区の人形町。江戸時代から残る伝統工芸、老舗の料理屋などが残る下町でありながら、小粋な割烹やイタリアン、居酒屋が点在している。日本橋や丸の内からも近いこの町は煌びやかすぎず、かといって粗雑でもない。仕立ての良いスーツを着たサラリーマンや上品なOLたちが目立つ。

大通りまで歩き、タクシーの列を探す。5台ほど並んだタクシーの先頭で待つ白い車体の個人タクシーに乗り込んだ。目的地を告げると、御年70歳という海野さん(仮名)はゆっくりと車を走らせ始めた。

海野さん:私が、タクシードライバーになったのは52歳のときでした。会社で10年、個人タクシーで8年。ドライバーとしては18年のキャリアです。この仕事に就く前は、建築関係の仕事をしていてね。耐震補強工事が担当で、全国の高速道路や地下鉄を担当していました。お兄ちゃんが普段使っている地下鉄も、俺が関わったものがあるはずだよ。

阪神・淡路大震災の前くらいまでは、会社の業績も良くて、給料も40万円以上だったね。残業手当や休日出勤などもついて、結構な高給取りだった。ただ、それ以降はてんでダメになっちゃって。ある日、上司から呼ばれて、「仕事がなくて給料が払えないけど我慢してほしい」と言われて。自分もマンションのローンがあるから、それなら辞めますと。

実は、若い頃にタクシーの仕事をしていてね。まだ初乗りが280円の時代だったかな。当時はタクシーも需要があって稼げたから。多いときは、だいたい1日30組は乗せていたかな。それなら腹くくって、タクシードライバーとしてやっていこうと決意したんだ。

次ページ最短距離で個タクのドライバーになった
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。