大阪「500円タクシー」を襲うコロナ禍の荒波

流転タクシー第4回、格安運賃の偽らざる現状

初乗り500円などの格安運賃で知られる大阪のタクシー。コロナ禍を経た現状はどうなっているのか(写真:筆者撮影)

大阪中心部でタクシーに乗車しようと呼び止めると、奇妙なことに気づく。それは車体の至るところに「初乗り5●●円」「5千円超分5割引」「長距離半額」といった金銭面の特典をうたったタクシーが多いことだ。

ウチの会社はとにかく安い――。そんな主張が前面に出た車体を見ると、土地勘のない他県から来た人間は少し圧倒されるかもしれない。その象徴的な存在が、通称ワンコインタクシーと呼ばれた、500円で初乗りが可能な大阪独自の格安タクシーだった。

「これだけ料金がグチャグチャなのは大阪だけ」

筆者は2017年ごろまで新大阪近隣に住んでいたことがある。例えばミナミ(なんば・心斎橋周辺)から夜間にワンコインタクシーを利用した場合、3000円程度の料金で帰宅できた。通常の初乗り2km660円タクシーなら3800円前後だったことを考えれば、随分割安といえるだろう。

この500円タクシー以外でも、520~660円の幅で初乗り価格を設定するタクシー会社が多く存在した。近年では公定幅運賃の改定に伴い近畿運輸局による見直しが入るなど、以前ほど安さをウリにする企業は減った。それでも、乗り場や流しで安価なタクシーを探すことは、決して難しくない。いったいなぜこのような運賃制度が成り立っていたのか。

筆者の取材に対して、大阪のあるタクシー会社の役員はその理由をこう説明する。

「ほかの地域は大体この金額と初乗りの値段が統一されてるけど、大阪だけは見事なまでにバラバラ。例えば力が強い会社が『ウチはこれでいく』と言うと、それが通っちゃう。組合に入ってなかったり、入っていても力が弱くて統制できないので、企業側からすれば無理に値段を合わさなくていいやろ、と主張もできる。要は自由競争やろ、という理屈です。

仮に10円単位の差でも、それでもその数十円でも安い車に乗ろうという乗客の心理もある。これは大阪人の真理でもあり、特殊性でもあるので。近年では少し収まりつつあるけど、それでも過度な価格競争はいまだに残っている。大都市圏でこれだけ乗車料金がグチャグチャなのは大阪だけでしょうね」

次ページ「東京から来た人はビックリしはる」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT