世界一貧しい大陸、アフリカは変わるか?

当たり前のことを、当たり前にする難しさ

リベリアのゴム農園の中を、学校に向かう子供たち。教育は、アフリカの希望です

これまでの連載で、アフリカのビジネス事情について書いてきました。最終回の今回は、「なぜアフリカってそんなに貧しいの?」という根本的な問いを、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

50年前のアフリカは、戦後の日本と同じくらいの、1人当たりの経済規模や平均寿命だったそうです。実際に、祖父にセネガルの写真を見せたところ、「ああ、昔の日本と同じやなあ」、とつぶやきました。しかし、そこから50年間、アフリカは変わらなかった。1人当たりの経済規模も、人々の平均寿命も、そんなに伸びなかった。出発点から伸びなかったから、アフリカは今、世界でいちばん貧しい地域のひとつなのです。

僕が留学したハーバード・ビジネス・スクールでは、「世界を変えるリーダーになれ」と言われました。それもあって、アフリカに来た頃は、貧困をなくすためのウルトラCがどこかにあって、それを探し出して実行するのが僕の使命だと思っていました。

でも、アフリカに5年暮らして、痛感したのは、社会に変化を起こすことは本当に難しい、ということ。

確かに、たまには携帯電話のように、社会全体を変える事象もあるでしょう。今は、携帯電話はアフリカのほとんどの人が持っていて、通信事情は飛躍的に発達しました。でも、これはほんの一部の例外。そんなウルトラCが簡単に起こせるようなら、アフリカはとっくに豊かになっています。

アフリカの友人たちの多くは、「リーダーが変われば、もっと優秀な政治家が大統領になれば、アフリカは変わる」と言います。確かに、ひとりの強いリーダーが出ることは大きいです。特に大統領の影響力は甚大で、コートジボワールのようにひとりの大統領が1970年代・80年代に国を大きく発展させることもできれば、コンゴやジンバブエのように国を滅茶苦茶にもできる。でも、リーダーが代わるだけでは十分ではありません。

政治家のリーダーシップよりも、もっと、単純だけれど、大切なことがあると思うのです。

われわれのような一般の人間が、アフリカで生きていて、日々苦労することは何だと思いますか?

次ページ「君は、工場の中でひとつだけ速い歯車なんだよ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT