仰天!アフリカは、日本よりも物価が高い

貧しい国ほど、ビジネスにおカネがかかるのはなぜ?

「発展途上国だから物価は安い」なんて、とんでもなかった(写真はセネガル、ダカールの港)

みなさんはアフリカの物価は安いと思いますか。

「アフリカに住んでます」と言うと、よく「そうですか、発展途上国だし、物価も安いでしょう。それで先進国並みの給料をもらっているのなら、さぞかしおカネが貯まることでしょうね」という反応をされることが多いです。

ところが、どっこい、驚くべきことに、日本やアメリカに住んでいたときよりも、セネガルでの生活費のほうがずっと高くついています。

確かに、トマトやタマネギなどの一部の野菜や魚など、地元で取れる食材の価格は、日本よりも安いです。

ただ、セネガルは半砂漠地帯で、それほど農業に適していません。そういった環境の中、限られた食材だけでは十分なレパートリーは作れません。それに、チーズやハムなどの加工食品も食べたいし、ジュースも飲みたいし、チョコレートのようなお菓子だって食べたい。

セネガルには食品加工の会社が少なく、今挙げたような食べ物の大半は、欧州や中東からの輸入に頼っています。そうすると、輸入品を取り扱っている外国人向けのスーパーに行き、原価+輸送費+関税+スーパーの利ザヤが乗ったバカ高い食品を買わざるをえないわけです。

スーパーで1週間分の食料を買うと、妻と僕の2人分で1万円や2万円は軽く使ってしまいます。日本だと、紀伊国屋や成城石井などの高級スーパーで毎日買い物しても、そんな値段はいかないでしょう。

次ページコストが高いことは、ビジネスでも大問題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT