アフリカ最強? ドブ板日本人集団の底力

役立つビジネス情報は、青年海外協力隊に聞け!?

日本が、新興国でプレゼンスを向上させるために、まだまだ活かせる”隠れ資産”、それが青年海外協力隊です(写真は、セネガル南部の村でインタビューを行う協力隊員たち)

ゴールドマン・サックス、ハーバード・ビジネス・スクールで叩き込まれた、効率的かつ洗練されたビジネスのやり方――。それらを駆使してアフリカ経済を変えてやる!とばかりに、意気揚々とアフリカに飛び込んだ5年前の僕。当時の僕に、「数年後の自分が想像できた?」と聞いたら、何と答えるか。間違いなく「NO!」と言うでしょう。

欧米流がすべてではないということ、アフリカで商売をするうえでは、どぶ板営業的に、現場情報を自分の目で見ることが大切だ、ということ。それらを、痛い目にも遭いながら、日々、体で学んできたということを、これまでの連載記事ではご紹介してきました。

そうしたショックも乗り越えつつ、アフリカに来て早5年。僕もそれなりの“どぶ板野郎”になってきたつもりなのですが、それでも絶対にかなわないどぶ板集団がいます。それが、青年海外協力隊の隊員たち。ビジネスとは関係ない人たち……と思った方も多いかもしれませんが、実はまったく逆で、むしろ、ビジネスパーソンたちが耳を傾けるべき、現場に密着した有益な情報を持つ人たちなのです。

セネガルのド田舎で踊る、分厚い札束

彼らとの出会いは、セネガルに赴任して比較的すぐにさかのぼります。僕は週末に日本人同士で日本語でわいわい話すのが大好きなので(英語やフランス語は、勤務中だけでお腹いっぱいになりますから)、元気いっぱいの協力隊員たちは格好な飲み仲間でした。普段は地方の村で草の根のボランティアに励む彼らが、首都に上京してきたときに、わが家に呼んで盛大な飲み会を開いていました。

酒のつまみは、隊員たちの武勇伝です。

「家が断水したので、村の水くみ場にたまっている雨水を飲んでお腹をこわしました」とか、「村の祭りで、鶏を丸1匹さばいて村の人たちと食べました」とか、「夜暑すぎて家の屋上で寝ていたら、蚊に刺されてマラリアになりました」など、”奥地前進マインド”全開な物語が繰り広げられます。

そういった話を楽しく聞きながらも、僕は、「まあ、ビジネスをやる自分の人生には、あまり関係のない人たちだなあ」と思ったものです。

ところが、あるとき、ある隊員から、「いつも小辻さんの家で飲んでいるだけでもなんですから、一度僕の村に来てください」と誘われ、彼の村に遊びに行くことにしました。

次ページ銀行に預けるより、「家畜貯金」が安心?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。