世界一貧しい大陸、アフリカは変わるか?

当たり前のことを、当たり前にする難しさ

教育が行き届いていないから、優秀で責任感のある人を採用するのが難しい。道路や鉄道などのインフラが整っていないから、モノを輸送するのにおカネや時間がかかる。工場が汚くて、無駄が多い。ミーティングが時間どおりに始まらない。仕事の締め切りが守られない。政府の汚職があって、賄賂なしでは物事が進まない。こういうことが積み重なって、どんどん仕事が遅れていきます。やりたいことがやれないうちに、1年や2年なんて時間はあっという間に流れていってしまいます。

自分だけが速く回る歯車になっても……

アフリカに来てすぐの頃のことです。ある企業への融資案件を投資委員会にかけようとして、毎晩夜遅くまで事務所に残って、一生懸命、審査資料を準備しました。1日も早くおカネを出して、プロジェクトを前に進め、ひとりでも多くの雇用を生み出してほしい、そういう思いだったのです。

しかし、審査のためにどうしても足りない資料がありました。その企業に、「これがないと投資委員会に行けませんから、絶対に、期限までに準備してくださいね」と何度もお願いしたのに、結局期限に資料が間に合わず、それまでの努力が水の泡になったことがありました。

同僚のガーナ人のサムに、こんなことがあって……と愚痴を言ったら、彼が言いました。

「ヨースケ、工場の歯車を思い浮かべてみてくれよ。もし、工場の中で歯車がひとつだけ速く動いていて、残りの歯車が遅く動いていたらどうなる?

「そりゃあ、速い歯車が遅い歯車にブロックされて回らないか、磨耗して壊れてしまうか、ですよね」

「そう、君は、工場の中でひとつだけ速い歯車なんだよ。ゆっくりした周りの歯車に合わせないと、君が壊れてしまう」

この言葉を聞いて、僕は、「確かにそのとおりだ、どんなに自分が頑張ってもどうしようもないことばかりだ……」とがっかりしたものです。これを見て、読者の皆さんは、こう思われるかもしれません。でもそんなの、当たり前のことが当たり前にできないだけじゃん、と。

そのとおりなんです。アフリカでは、当たり前のことが当たり前にできていないだけなのです。しかし、このとても単純な事実が、発展の足かせになっている。

じゃあ、当たり前のことが当たり前にできるようになるためには、何が必要なのか。

次ページ『坂の上の雲』から考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。