転職で引く手あまたな人に共通する30代の経験

人生100年時代を生き抜くキャリアの磨き方

市場価値の高い人材になるためには? 自身のキャリア形成に役立つ“4C”を紹介(写真:xiangtao/PIXTA)

2020年代の幕が上がった。「人生100年時代」と言われるが、私たち個人の長い人生を待ち受けているのは、これまでにない変化の連続だ。キャリアにおいても、今所属する会社組織が50歳や60歳まで必ずしも守ってくれるわけではなく、個々人が自発的にキャリアを選択することを求められている。

この連載の一覧はこちら

20代はもちろん、30~40代以上のキャリアチェンジも増える一方だ。皆さんも、転職を具体的に考えなくても、自身の市場価値や、今後のキャリアをどのように選択していけばいいか漠然と考えたり、どうしたものかと悩んだことのある人も多いのではないだろうか。

具体的には、「業界問わず、転職後、充実して活躍している人の特徴とは?」「自分の市場価値はどの程度か? 市場価値が高い人の共通点はあるのか?」「キャリア選択は、何を軸に考えるべきか?」などといった相談は、個人個人に向き合ったキャリア支援サービスTURNING POINT(以下、TURNING POINT)を運営するエッグフォワード代表の徳谷のもとにも増える一方だ。

そんな時代に向けて、中長期的なキャリア選択にあたってのポイントをお伝えしたい。今回は、相談の多い事例から浮かび上がる、キャリア形成に向けた“4C”という4つのキーワードに沿って考えていこう。

20~30代のうちに困難なシーンに飛び込む

1. 非連続な挑戦で成長する(Creative Jump)

まず、転職市場で「市場価値が高い」と言われる人には、キャリア形成にあたって1つ共通点がある。それが、筆者徳谷が提唱した「Creative Jump(クリエイティブジャンプ)」という概念だ。

これは、キャリアのどこかで既存の延長線にない“非連続な挑戦”をしてきたということ。これは、転職をする場合においてもそうだし、社内異動やプロジェクトへの抜擢といった出来事にも通じる。

例えば、40代以上で「市場価値が高い」と言われていて、転職時に引く手あまたのビジネスパーソンは、例外なく、20~30代のうちに、まったく別の領域や、一時的にでも困難なシーンに飛び込んでいる。どこで、どの程度「Creative Jump」をするかは、キャリア形成の1つのスタンダードになりつつある。

なぜ、クリエイティブジャンプをすると、市場価値が上がるのだろうか?

次ページ市場価値の要素分解をしてみる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。