転職で引く手あまたな人に共通する30代の経験

人生100年時代を生き抜くキャリアの磨き方

キャリアを築く出発点は、当たり前に聞こえるかもしれないが、まずは自分を知ることだ。周囲がよかれという青い鳥を自分も探し続けるのではなく、自分の価値観の源泉、これまで経験の本質、コンプレックス、もっと言うと人生そのものを振り返りながら、自分ならではの源泉や持ち味を探すことからだと言ってもいい。

生き方や価値観は多様の一途だ。だからこそ、仕事を通して自分が最も実現したいことは何か、最も大切にする行動やモチベーションの源泉は何かと振り返ってみることで、自分の本質が見えてくる。人は自らが望み、夢中になれる仕事のほうが大きな価値を発揮できるものだ。

とはいえ、自身が自らを理解することは容易ではないのは当然のこと。そうした志向に気づくヒントとしては、まずは少しずつでも幅広い経験をすること。閉じこもっていても選択肢は見えない。第三者も交えて質問を繰り返すことも有効だ。「時間を忘れて取り組めることは何か」「お金をもらわずともやりたいと思えるほど楽しかった仕事は何か」などの質問で振り返ってみるといいだろう。

「ジョハリの窓」とは?

また、TURNING POINTのサービス内でも提供しているが、最近は科学的なアセスメントにAIなどを活用して自身を知る機会も増えてきた。実は、普段発揮している特性や強みは今の環境に「適応」するために身に付けたもので、本質的に自身が有している「特性」とは異なるケースも多い。

後天的にやむなく身に付いていくうちに、それが当たり前に思えてきているということだ。「ジョハリの窓」という言葉があるが、自身の知らない潜在的な自分を第三者からの質問や、アセスメントを用いて、自身も知らない潜在的な特性を科学的・客観的に把握しておくと働くうえでは非常に役に立つ。

3. キャリアのConcept&Coaching(実現したいこと/ありたい姿)を描く

3つ目のCは、Concept(コンセプト)を多様な未来視点で(Coaching)描くこと。人生を通して自分が実現したいことや、どんな人でありたいか(なりたいか)など、あなたが目指す最終的なゴール・目標を立てて思い描くことだ。

なぜコンセプトが重要かと言えば、キャリアの行先は誰も示してくれないし、示してくれたとしても、誰もあなたの人生に責任はとってくれないからだ。

コンセプトを決めるときは、目先のキャリアや給与、タスク内容といった枠組みで考えると視野が狭くなり、自らの心を奮い立たせるような目標にはなりにくい。そもそもの生き方など、自分の人生を通しての目標として定めると、動機として明確になる。

また、未来軸でのありたい姿を考えるにあたっては、業界や会社といったセグメントで考えるよりも、社会に対してどんな価値を発揮すべきかという「ソーシャルバリュー」を意識することも非常に重要だ。

そもそも、○○業界のような定義は、例えばグーグルが何業と呼ぶべきかわからないように、すでに曖昧になり始めている。広く社会に対して価値を見いだすことを意識すると、ささいな変化に一喜一憂するのではなく、大局を捉えた本質的な決断がしやすい。もはや看板で働く時代は終焉を迎えているだろう。

これを、自分1人で明確にするのは容易ではなく、他者、とくに自分とは異なる視点を持つ他者との対話(Coaching)によって、未来軸で具体化することが有効だ。

次ページ4つ目のCこそ見落としがち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT