「ウルトラマン愛」を仕事にした円谷社員の人生

20年かけて集めたグッズはコンテナ3台分

「ウルトラマン愛」を仕事に惜しみなく注ぐ藤田浩さん。手に持つのは円谷プロとして初めて自社企画・制作するフィギュアの第一弾「ケムール人」(写真:風間仁一郎)(C)円谷プロ
「御社のオタクを紹介してください」と企業を訪ねていると、仕事を心から楽しんでいる人が意外といることに驚く。この連載では、オタク社員ならではの深い知識を教えてもらうとともに、“好き”を仕事にする秘訣に迫っていく。
今回インタビューしたのは、ウルトラマンで知られる円谷プロダクションに勤める藤田浩さん。自社キャラクターを用いた商品化・広告企画・イベントを担当するが、フィギュアコレクターでもあり、30歳ごろから20年間で集めたフィギュアはなんと、2トントラック用のコンテナ3台分。そして、彼が仕掛けるウルトラマン関連の仕事は大いに成功している。ウルトラマン好きが高じて数回転職をし、理想の仕事に近づいていった、藤田さんのキャリアとは――。

大好きだったウルトラマンをビジネスで仕掛け大成功

――集めたコレクションは2トントラック用コンテナ3台分と、すごい量だそうですね。

この連載の記事一覧はこちら

15年くらい前に自宅に入りきらなくなって、今は知人の土地にコンテナを置かせてもらっています。日本の特撮をメインに集めていますが、ほかのフィギュアもあるので、こんな量になってしまいました。

今朝、歯磨きながら計算したら、20年間で少なくとも1200万円は使ってきたことに気がついて、愕然としました。これは家族には言えないなと。

――フィギュアを集め始めたキッカケはなんだったのでしょう?

子どもの頃は特撮をよく見ていましたが、普通に卒業し、車やファッションに興味が移りました。1990年代半ば、30歳ごろのことです。渋谷・代官山・原宿のセレクトショップに行くとスター・ウォーズやスパイダーマンといった海外のフィギュアが置いてありました。かっこいいなと買い始めたのが最初です。

――海外フィギュアから、どうしてウルトラマンに傾倒していったのですか?

1990年代当時、僕は外資系CDストアで働いていました。2000年前後からCDが売れなくなり、代わりに当時ニューメディアであったDVDを積極的に売るようになったんです。最初はスター・ウォーズなどのハリウッド映画を一生懸命売り出し、その次に売り始めたのがウルトラマンなど、日本の特撮作品でした。

そこで、僕がハリウッドのSF映画を好きになったのは、ウルトラマンが原点だと自覚したんです。なので僕たち1960年代生まれのルーツであるウルトラQやウルトラマンを、もう一度みんなで見よう、といったプロモーションを始めたんですね。

次ページ俳優の来店イベントが大当たり
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。