「ウルトラマン愛」を仕事にした円谷社員の人生

20年かけて集めたグッズはコンテナ3台分

――ケムール人ですか。医学の発達で500歳まで生きられるようになったが、身体の衰えは避けられなかった宇宙人ですね。しかし、企画の第1弾からウルトラマンではなく、怪人とは……。

ウルトラマンがすごいのは、怪獣など敵のキャラクターも視聴者の記憶に残っていることです。初期のデザイン担当の成田さんと、造形担当の高山さんという黄金コンビが、時代を超えたすばらしいキャラクターを遺してくださいました。その高山さんが晩年にケムール人のミニチュアを作っていて、型が残っていた。その型を使うことができたので、高山さんの作家性がふんだんに出ているフィギュアが作れたんです。

結果がついてくるのは結局、自分が好きなこと

新旧のウルトラマン、どちらにも愛を注いでいる(写真:風間仁一郎)
(C)円谷プロ

――藤田さんは50代ということですが、若いスタッフに対して感じることはありますか?

2018年に放送していた「SSSS.GRIDMAN」は、若手が中心にやっています。僕の感覚とは違う感覚ですごいことをやっていると思います。ウェブからどうニュースを流していったらいいかとか、ゲームとどうコラボしたらいいかとか、そうしたインターネットを使ったプロモーションに長けています。

――ゲームやウェブについていかなければ、なんて焦りを感じることはありますか?

流行に合わせて、僕が苦手なことを勉強しても、うまくいかないと思うんです。若い子がゲームが好きで日常的にゲームをやっているならそこで勝負すればいいし、僕は服だとかスニーカーとかグッズが好きなので、そこでやっていくかなって。僕の場合ですけど、結果がちゃんとついてくるのは、自分が好きなことでしかなかったですね。

 

ザ・モテオヤジ。そんな称号が似合うお方でした。ウルトラマンのTシャツに、ウルトラマンのコンバースという個性的なアイテムを、黒ジャケットでうまくまとめるオシャレなおじさまです。
「自分が欲しいモノにこだわれば、結果的に売れてきた」というお話でしたが、これは運だけではないと思うのです。コンテナ3台分にもなるほどの“モノ”を見てきたからこそ、得られた選球眼ではないかと思われます。
それにしてもすごい。使った金額はご家族にはバレていないと言っていましたが、そんなわけがない。だって、コンテナ3台分!そのフィギュアたちを奪ったら、仕事へのやる気も、生きる気力も失ってしまうと黙認されているのではないでしょうか。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。