「ウルトラマン愛」を仕事にした円谷社員の人生

20年かけて集めたグッズはコンテナ3台分

藤田さんの膨大なコレクションの中でも、とくにお気に入りのフィギュアたち(写真:風間仁一郎)
(C)円谷プロ

――プロモーション、というとどのような……。

チェーンストアの販促担当として、円谷プロの方に会いに行って「僕らはウルトラマンや、ウルトラQ、ウルトラセブンを見て育った世代です。だから、その当時主役を務めていた俳優を呼んで、イベントを仕掛けたいです」という話をしたんです。

当時の円谷プロは、ウルトラマンガイアというウルトラマン最新作をやっていたので、古いウルトラマン作品を推すことに乗り気ではありませんでした。そこを「僕が会いたい、だから、お客さんも絶対会いたいはずだ」と熱量で説得しました。

――そこまで熱心に言われたら、じゃあやってみようかと心が動くでしょうね。イベントは成功しましたか?

当時、アーティストが来店するイベントをよくやっていました。マライア・キャリーや小室ファミリーといった人たちです。そこにウルトラセブンのモロボシ・ダンが来るわけです。これが見事に当たりました。その店で特撮のDVDを買う人がすごく増えたんです。

そうした経験から、円谷プロのようなコンテンツホルダーで働こうと決めました。でも、その前におもちゃメーカーに転職したんです。流通、メーカーと全体をわかる人間になりたいなと。ウルトラマンだけにこだわったつもりはないのですが、おもちゃメーカーでもウルトラの商品を作ってました。ウルトラ愛が強くて。

デザインはスター・ウォーズに負けない

――2012年に円谷プロへ入社されたそうですが、お仕事内容は。

コンバースとコラボして制作したスニーカーは売れたという(写真:風間仁一郎)
(C)円谷プロ

ウルトラマンを使ったグッズの商品化と営業です。営業というのはウルトラマンをCMなど、広告のキャラクターとして使ってもらうなどです。グッズというと、コンバースとコラボレーションしたスニーカーや、グラニフとコラボレーションしたTシャツなどです。

ここでひとつ言わせてください。この連載は“マニア”がテーマだと思うんですが、僕はマニアではありません。コレクターです。僕の考えですが、マニアは世界観や作品の物語性にこだわる一方、コレクターはモノにこだわります。大事なのは、見た目のかっこよさや美しさ、キャラクターデザインのよさなんです。

――もしストーリーが好みでなくても、キャラクターがかっこよければ買ってしまうんですね。ウルトラマンを久しぶりに見ましたが、確かに立ち姿がかっこいいなあと。

現在、スター・ウォーズやバットマン、マーベルシリーズなど、さまざまなキャラクターが商品化されています。でも、デザインでいったらウルトラマンとかウルトラ怪獣は、絶対それら負けていないと思うんです。

次ページ「ウルトラマンは絶対に売れます!」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。