タワレコで働く「マニア社員」の溢れる音楽愛

クラシックCDを年間100タイトル制作!

「趣味=仕事」の会社員の働き方とは?(写真:梅谷秀司)
近年、オタクに世間が優しくなったように思う。年号が平成に変わったばかりのころ、中学生だった筆者は家に帰るとすぐにパソコンの電源を入れ、ゲームやプログラミングに興じていた。けれども、学校ではそんな話は一切しなかった。オタクがバレたらいじめられると思い込んでいたのだ。ところが、先日「私もオタクなんで、友だちになってください!」と言われ、面くらった。隠すどころか、自らアピールするなんて……。
社会人となったオタクたちは、いま、オタクであることを隠していないのではないだろうか。逆に、その深い知識を生かし、楽しく仕事をしているのかもしれない。そこで、さまざまな会社を訪ね、「御社のオタクを紹介してください」とお願いするのがこの連載。趣味を生かしてイキイキと働く、オタク仲間に会ってみたい。

第1弾はタワーレコード(以下、タワレコ)。全国に79店舗とオンラインショップを抱える大手CD販売店だ。筆者はクラシック音楽が大好き。タワレコに行き「マーラーの交響曲第6番でオススメはどれですか?」と聞くと「こっちはこういう感じで、こっちは……」と何種類もあるCDをどんな演奏なのか、懇切丁寧に解説してくれる。この会社は絶対に“スゴイ”と日頃から思っていた。

高橋ホイコさんによる新連載、1回目です

今回は、専門家ぞろいの社員の中でもえりすぐりの“クラシック音楽マニア”だという商品本部クラシックバイヤー北村晋(すすむ)氏にお話を聞いた。いったいどんなマニアが、どんな仕事をしているのだろうか。

膨大な知識を使って「売れる」CDを見極めている

――タワレコの店員さんの音楽知識は、かなりすごいのではないかと常々思っていました。北村さんは秋田店や神戸店の店長を経て、現在は本部・クラシカルバイヤーをされているということですが、どんなお仕事なのでしょうか。

各店舗にもバイヤーはいるのですが、私はタワレコの店舗とオンラインショップのクラシック音楽部門全体を取りまとめています。おそらく、タイトルは全部で数十万になると思います。

それ以外にタワーレコード限定商品の企画をしています。クラシック音楽の場合、レコード会社さんが音源を持っているのですが、すべてが商品化されているわけではありません。メーカーが出しているカタログを見て「何年のこのコンサートの録音だったら絶対売れる」など判断して、独占でメーカーに作ってもらいます。年間平均で100タイトルくらいでしょうか。担当は私1人です。

次ページ北村さんが担当した限定商品の中でナンバーワンは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。