タワレコで働く「マニア社員」の溢れる音楽愛

クラシックCDを年間100タイトル制作!

――クラシック音楽といっても、オーケストラだけでなく、室内楽とかピアノとか、膨大な曲数がありますよね。その中から、売れる録音を見極めていらっしゃると……。ご自身が担当した限定商品で、あえてナンバーワンを決めるならどれでしょう。

妥協なしで最初に作れたのが、2010年6月4日発売の「ベートーベン:ピアノ協奏曲第4番、交響曲第5番『運命』」です。バーンスタインの指揮ですね。過去にCDでも出ているんですけど、ジャケットがLPのときとは違っていたり、別の録音とカップリングされていたりなど、いい出方はしていませんでした。

北村さんが手がけたオリジナルCDの一部。ボックス作品も企画している(写真:梅谷秀司)

アムネスティの子どもたちを助けるチャリティーコンサートの録音なので、権利関係が難しかったのですが、ねばり強く交渉してLPと同じジャケット・曲構成で出すことができました。反響も大きく、数千枚売れました。ライブで非常にいい演奏ですし、ファン目線で出せたなと思います。

――バーンスタインの指揮でベートーベン「運命」というと、クラシックファンには「王道中の王道」かもしれません。同じ組み合わせの録音は何種類もありそうですが……その中で、この録音こそが売れるというのは、どうやって見つけ出せるのか……。

北村さんが過去リリースしたオリジナル作品の一覧。膨大な数だ(写真:梅谷秀司)

バースタインは好きなので、何を録音しているかは大体、頭に入ってるんです。このバーンスタインのLPは持っていませんでしたがデータとしては知っていました。CDでの録音は聴いています。バーンスタインはこのあとウィーンフィルとも同じ曲を録音しているんですが、僕はなんか、チャリティーだったアムネスティのほうが好きなんですよ。

CDでは出し方の問題もあって、聴いている人が少なかったと思うんです。ですので、需要があるなと思っていました。

――頭に入っているデータ量が尋常じゃない……ように思えるのですが、たとえばベートーベンの「運命」の録音は、どのくらいあるのでしょうか。

多分、世界中でいま出ているもので300~400種はあると思うんですが、そのうち3分の2以上は聴いていると思います。曲の長さは30~40分くらいですから、結構聴いてますね。

好きだから、知識は自然に入ってきた

――どうやって、その膨大な知識を頭に入れられたんですか。

中学1年のころからトロンボーンをやっていまして、音楽は身近な存在でした。学生の頃は図書館で借りたり、人から借りたり、FMで聴いたり、本を買って知識を入れていました。浪人時代もそればっかりやっていて。好きだから、すごく頭に入ってくるんです。

学生時代にタワレコでバイトをはじめました。これで、いっぱい聴けるぞと。当時はインターネットがないので、店舗に電話帳みたいなカタログがあったんです。曲ごとにどんなCDがあるのか書いてあるもので、お客様に聞かれるたびに調べていたので、自然に知識が増えていきました。

次ページ家はクラシックCDでいっぱいに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。