「ボヘミアン・ラプソディ」なぜ若者に人気?

「元祖Jポップ」としてのクイーンの魅力

クイーンのライブエイドのパフォーマンスを再現した映画『ボヘミアン・ラプソディ』(写真:(C)Twentieth Century Fox Film Corp/Everett Collection/アフロ)

平成最後の冬は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』とともに記憶されるだろう。

興行通信社によれば、公開(11月9日)から12月2日までの間で、日本国内での興行収入を30億円台に乗せている。この期間の週末、都心の映画館は終日完売が続出した。

また、「ムビコレ」のサイトにはこんな記事も掲載された。タイトルは「クイーン世代の中高年から20代までが支持! リピーター続出で大ヒット『ボヘミアン・ラプソディ』」。

この連載の一覧はこちら

つまりこの映画は、過去のロックバンドの映画ながら、「若年層需要」と「リピート需要」という、映画(エンタメ)界的にとても魅力的な需要構造を獲得しているといえる。

では、『ボヘミアン・ラプソディ』は、どのようにして、この魅力的な需要構造を獲得したのか。

その問いに対して私は、「だってクイーンは『元祖Jポップ』だから」と答えたいと思う。

なぜ若者がもう一度見たくなる映画になりえたのか

この映画の魅力として、まず、ルックスや身なり、演奏シーンでの動き方まで、メンバー本人に酷似させたキャスティングなど、映画全体を支配する抜群のリアリティがある。

一方でリアリティに反して、史実を単純化しながら、起伏を持たせたストーリーも大きな魅力だった。

しかし、クイーンをよく知らない20代の若者が、繰り返し何度も見たくなったことに関しては、さらに別の理由があったのではないか。

ここで私が指摘したいもう一つの魅力は、クイーンが生み出すサウンドそのものである。あのクイーン・サウンドこそが、クイーンを知らない若年層をも惹き付け、そして、あの音の世界・音の洪水にまた溺れたいと思わせた。そうして、「若年層需要」と「リピート需要」が一挙に獲得できたと考えるのだ。

歴史を振り返る。そもそも70年代中盤から80年代初頭にかけて、クイーンは「日本で最も人気のある洋楽バンド」だった。

次に示すのは、当時の日本における代表的な洋楽ロック雑誌『MUSIC LIFE』における人気投票=「ML人気投票」のグループ部門のベスト3結果の抜粋である。

(出典)『ミュージック・ライフ完全読本』(シンコーミュージック・エンタテイメントより)
次ページクイーン・サウンドの魅力とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT