朝ドラ「ひよっこ」をヒットに導いた3大理由

SNSと朝ドラ、意外な親和性がそこにある

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」に出演する(前列左中央から)沢村一樹さん、有村架純さん、木村佳乃さん、峯田和伸さん。2016年9月に開かれた出演者発表会見で顔をそろえた(写真:共同通信社)
歌謡曲からテレビドラマ、映画さらには野球まで――。さまざまなエンタメコンテンツをまたにかけて活動する評論家・スージー鈴木。毎月、脚光を浴びた作品やコンテンツについて、客観的なマーケティング視点と主観も交えたカルチャー視点でヒットの要因を読み解いていく。

 

高視聴率をキープしながら、9月30日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひよっこ』(NHK総合/月~土、午前8時)。私が9月度の最優秀エンタメコンテンツ、いわば私なりに選ぶ「月間エンタメ大賞」としたいのは、この作品だ。

平均視聴率が20%を超えた「ひよっこ」

2017年4月3日~9月30日に放映され、平均視聴率20.4%(関東地区、以下同)、最終回視聴率は21.4%だった。正直、「大ヒットコンテンツ」とは言えないものの、初回の平均視聴率が19.5%であり、『純と愛』(2012年)以来の20%割れスタートだったことを思い返すと、かなり健闘したと見る。

この連載の一覧はこちら

私自身の個人的「朝ドラベスト3」は、1位『カーネーション』(2011)、2位『あまちゃん』(2013)、3位『ちりとてちん』(2007)。

『ひよっこ』は、さすがにこの盤石なベスト3に食い込むには至らなかったが、それでも、続く4位の座を、『ごちそうさん』(2013)や『てるてる家族』(2003)あたりと争いそうだ(私は大阪出身なので、NHK大阪制作作品に点が甘い)。

そんな私が見た、『ひよっこ』ヒットの要因を、3点ほど挙げてみる。

次ページヒットの要因、1つ目は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT