朝ドラ「ひよっこ」をヒットに導いた3大理由

SNSと朝ドラ、意外な親和性がそこにある

「思ってたことをよ、かっこつけずに思い切り叫ぶと、なんだか疲れがとれるっぺ、それに笑えるっぺ。それがビートルズだ。だから好きなんだ俺は。なんでもいいんだ、難しいことじゃなくていいの。腹立つことでも仕事休みたいでも、あの子が好きだでも今、思っていることを叫ぶんだ」(第13週の78話)

これは個人的には『ひよっこ』台詞大賞。おびただしい数が垂れ流されてきた、日本人による「ビートルズ論」の中でも、もっとも秀逸で本質的なものの1つだと言える。そしてこの台詞が、その後「日本のビートルズ」となった、サザンオールスターズ・桑田佳祐の主題歌と重なっていく。

先に触れたように、有村架純の演技力が『ひよっこ』を支えたのは言うまでもない事実だが、もしこのドラマの俳優に賞を与えるなら、私なら峯田和伸である。それも、第13~14週における爆発的な演技に対しては、「助演賞」ではなく「主演賞」がふさわしいと思う。

これからの朝ドラでどうしても描いてほしいこと

以上、私が思う『ひよっこ』のヒット要因をまとめてみた。これからの「朝ドラ」はどうなるのか。

『わろてんか』『半分、青い』と、近現代史物が続きそうだが、谷田部美代子や小祝宗男のことを思いながら、美代子の台詞に絡めて伝えると、私の「朝ドラ」への思いは、こういうことである――。

「私は、『夢と希望に満ちあふれた、すばらしい時代』を描いてくれと頼んでいるんではありません。そんな表面的な時代論ではなく、ちゃんと実在したであろう、1人ひとりの人間が生き抜いている、具体的な人間論を描いてほしいとお願いしています。1人ひとりの人間には、ちゃんと名前があります。その人は、夢や希望だけではない、歴史の闇の部分ものみ込んで生き抜いたはずです。お願いします。描いてください。お願いします」。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。