朝ドラ「ひよっこ」をヒットに導いた3大理由

SNSと朝ドラ、意外な親和性がそこにある


1:有村架純の演技力と「朝ドラ」ファンにおける彼女の支持層の存在

言うまでもない話だが、ベースとして有村の演技力を指摘しておきたい。

ほとんど無名の若手女優を起用して、その演技力が成長するのを、微笑ましく見守るというのは、「朝ドラ」ファンの醍醐味の1つである。『あまちゃん』の能年玲奈(現「のん」)などは、その「演技ズレ」していない、天然の運動神経で、「朝ドラ」ファンのみならず、多くの視聴者を集客した。

ただ、『カーネーション』などは、確かに当時の尾野真千子は無名であったものの、演技力は折り紙つきで、朝から、尾野の濃厚な演技力を愉しむという、能年とは違う意味での評価を得たと見る。

有村架純の「あまちゃん」は忘れられない

前作『べっぴんさん』の主演=芳根京子の演技が、やや貧弱だったのに対して、今回の有村架純は、さすがの安定感だった。個人的な印象だが、『あさが来た』(2015)の波瑠、『まれ』(2015)の土屋太鳳、『花子とアン』(2014)の吉高由里子を超えて、ここ数年の「朝ドラ」では、演技力のNo.1だったと思う(実は、地力で言えば、『とと姉ちゃん』(2016)の高畑充希がトップなのだが、あのドラマでは、高畑本来のはつらつとした魅力を抑制しすぎていて苦手だった)。

また、今や記憶の彼方に置かれている人も多いかもしれないが、有村架純は、『あまちゃん』に出演し、天野春子(小泉今日子)の若い頃を演じていたのである。再建された「海女カフェ」で、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が『潮騒のメモリー』を流麗に歌うクライマックスシーンで、有村版の天野春子が鈴鹿を見つめるシーンを忘れることができない。

『あまちゃん』で培われた「朝ドラ」ファン内の有村架純支持層に加え、彼女の演技力も影響し、まずは基礎票を固めたと言えるのではないか。

次ページナレーションが番組のパロディに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。