ディーン・フジオカがブレイクした真の理由

実は女性より「男がホレる男」だった

TBS系ドラマ『ダメな私に恋してください』制作会見に臨んだディーン・フジオカ=2016年1月5日(写真:日刊スポーツ新聞社)

「今、最も勢いのある芸能人」といえば、文句なしでディーン・フジオカさん。朝ドラ『あさが来た』(NHK)で演じた五代友厚が亡くなると「五代様ロス」なる言葉を生み出し、さらに『ダメな私に恋してください』(TBS系)では一転して“ドSのメガネ男子”を好演し、ともに視聴率アップの原動力になっています。

その人気はドラマに留まらず、『ぴったんこカンカン』『金曜日のスマイルたちへ』『櫻井有吉のアブナイ夜会』『A-Studio』(TBS系)、『あさイチ』(NHK)、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)などのバラエティー番組にメインゲストで出演。いずれも通常放送より視聴率が上がるなど、注目度の高さは際立っています。

私のもとにも各メディアからディーンさんに関するコメント依頼が多数あり、その大半は「なぜ女性から人気なのか?」というものでした。しかし、私が本当に言いたいのは、ディーンさんは「現代のビジネスマンに求められる多くのパーソナリティーを併せ持っている」ということ。“女性向けの王子様”“さわやかなイケメン”と思われがちですが、決してそうではなく、“男がホレる男”“骨太で一筋縄ではいかない男”なのです。

批判を一身に背負う覚悟と責任

ディーンさんの経歴を振り返りましょう。福島県で生まれ、高校卒業後に「ITを学ぶため」シアトルの大学へ留学。卒業後もアメリカで働くつもりでしたが、9.11同時多発テロの影響でビザ取得が困難になってしまいます。そこでディーンさんは、アジアに目を向けて各国を旅し、たどり着いた香港でモデルとしてデビュー。その後、台湾やインドネシアに渡って俳優やアーティストとして活動し、“逆輸入”の形で日本の芸能界に進出、さらにアメリカのドラマにも出演したのち、朝ドラで大ブレイクを果たしました。

特筆すべきは、その行動力と機動力。18歳でアメリカの大学へ進学、アジア各国でのデビュー、満を持しての日本凱旋、アメリカ再進出など、「あえてホームグラウンドを持たず、やるべき仕事のある場所へ行く」というスタンスは、ビジネスマンに求められるグローバル性と重なるものがあります。

その結果、ディーンさんは日本語、英語、中国語、バハサインドネシア語の4カ国語が話せるようになりましたし、「『アメリカでの就労が困難になった』ピンチを『アジアに目を向けて』チャンスに変えた」柔軟性と着眼点の素晴らしさも光ります。

次ページあの壮絶な作品に出演も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT