ディーン・フジオカがブレイクした真の理由

実は女性より「男がホレる男」だった

好きなことへの強烈なこだわりは、経営者、アスリート、アーティストなど、各界スターのそれと同じ。照れたり空気を読んだりするのではなく、正直に話してしまうほうが、かわいらしさや親近感を抱かせて、立場の上下を超えて声をかけられやすくなるものです。

自信を感じる迷いなき自己開示

「自ら正直に話す」という意味で注目すべきは、家族のことを自由に話す姿。いわゆる“イケメン俳優”と呼ばれる人のほとんどは、妻や子どものことを話したがりませんし、ブレイク直後はなおさらですが、ディーンさんは違いました。テレビ局側に「質問NG」を出さず、むしろ「パパなんですよ~」とうれしそうに話しているのです。

ディーンさんは、「2012年に中国系インドネシア人女性と国際結婚をしたこと」「1歳の双子を持つ父親であること」「どんな家族で、どう思っているか」などの質問に全て回答。その対応は「何で隠す必要があるの?」「仕事を見て評価してもらえばいい」とでも言うような清々しさがあり、確固たる自信を感じさせます。

イケメン俳優が「仕事に影響するから家族の話をしない」のに対して、ディーンさんは「仕事に自信があるから家族の話ができる」という考え方。そんな姿勢が俳優にしろビジネスマンにしろ、クライアントに信頼性を感じさせるのではないでしょうか。

人間関係における自己開示は、信頼性を高める第一歩であり、ビジネスマンにとっては自信の表れとなるもの。「仕事に自信がない人ほど、自分のことをはっきり話さない。あいまいなトークでごまかす」傾向があるだけに、みなさんもディーンさんの姿勢は参考になると思います。

また、ディーンさんは自己開示によって、必要以上のアイドル扱いを避けていますし、今後も自由に役を選びやすいなど、自分が望む仕事を引き寄せることにつなげています。実際、各局ドラマ制作スタッフの本音は、「ディーン・フジオカが既婚者でよかった」。“イケメン限定”の役だけでなく、さまざまな役のオファーを考えているようです。

次ページどんな場所・場面でも楽しむ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。