フジテレビのドラマがなんとも「惜しい」理由

あの成功体験に縛られすぎていないか

フジテレビはほんの5年前まで圧倒的な強さを誇っていたが……(撮影:今井 康一)

2010年まで7年連続で視聴率三冠王に輝いてから5年、フジテレビの低迷が叫ばれて久しくなっています。今年6月には、同局の番組『ボクらの時代』に出演した女性アナウンサーが自局について、「積極的に嫌われている」「見向きされない」と発言したことが話題になるなど、視聴率だけでなくネガティブなイメージに苦しんでいる様子がうかがえます。

それはフジテレビの看板商品であるドラマも同じ。この10月からスタートした今期は『5→9 ~私に恋したお坊さん~』がかろうじて2ケタの視聴率を記録しているものの、『サイレーン』『無痛~診える眼~』『オトナ女子』は7~9%の低視聴率で推移していますし、識者のコメントや視聴者のクチコミを見ても、多くの支持を集めているとはいえません。

ただ、ドラマ解説をしている私から見たら、スタッフは実力者ぞろいで、扱うテーマも悪くない。丁寧に作られているいい作品も多いのに、制作側の狙いと視聴者のニーズが少しズレていて「惜しい」気がするのです。ここではフジテレビのドラマに何が起きているのか? 今期の作品を1つずつ分析しながら、苦戦の理由を探っていきます。

トップと現場の意見に食い違い?

月曜21時の『5→9 ~私に恋したお坊さん~』は、「月9は原点のラブストーリーで勝負」という意志を貫いたラブコメ。英会話教師とお坊さんというユニークな組み合わせは、1990年代のラブコメ全盛期を思わせるポップさがあり、一定層のファンをつかんでいます。

しかし気になるのは、メインのコンセプトがブレていること。フジテレビの亀山千広社長は、月9の前作『恋仲』の放送が決まったとき、「『オリジナルをやろう』という気概があるのがいい」、さらに大多亮常務は「『月9』は基本、オリジナルラブストーリーをやり続けていかないといけない」と語っていました。

次ページ「絶対に失敗できない」覚悟で臨んだはずが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。