フジテレビのドラマがなんとも「惜しい」理由

あの成功体験に縛られすぎていないか

フジテレビはほんの5年前まで圧倒的な強さを誇っていたが……(撮影:今井 康一)

2010年まで7年連続で視聴率三冠王に輝いてから5年、フジテレビの低迷が叫ばれて久しくなっています。今年6月には、同局の番組『ボクらの時代』に出演した女性アナウンサーが自局について、「積極的に嫌われている」「見向きされない」と発言したことが話題になるなど、視聴率だけでなくネガティブなイメージに苦しんでいる様子がうかがえます。

それはフジテレビの看板商品であるドラマも同じ。この10月からスタートした今期は『5→9 ~私に恋したお坊さん~』がかろうじて2ケタの視聴率を記録しているものの、『サイレーン』『無痛~診える眼~』『オトナ女子』は7~9%の低視聴率で推移していますし、識者のコメントや視聴者のクチコミを見ても、多くの支持を集めているとはいえません。

ただ、ドラマ解説をしている私から見たら、スタッフは実力者ぞろいで、扱うテーマも悪くない。丁寧に作られているいい作品も多いのに、制作側の狙いと視聴者のニーズが少しズレていて「惜しい」気がするのです。ここではフジテレビのドラマに何が起きているのか? 今期の作品を1つずつ分析しながら、苦戦の理由を探っていきます。

トップと現場の意見に食い違い?

月曜21時の『5→9 ~私に恋したお坊さん~』は、「月9は原点のラブストーリーで勝負」という意志を貫いたラブコメ。英会話教師とお坊さんというユニークな組み合わせは、1990年代のラブコメ全盛期を思わせるポップさがあり、一定層のファンをつかんでいます。

しかし気になるのは、メインのコンセプトがブレていること。フジテレビの亀山千広社長は、月9の前作『恋仲』の放送が決まったとき、「『オリジナルをやろう』という気概があるのがいい」、さらに大多亮常務は「『月9』は基本、オリジナルラブストーリーをやり続けていかないといけない」と語っていました。

次ページ「絶対に失敗できない」覚悟で臨んだはずが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT