フジテレビの「お粗末ミス」はなぜ起きたのか

「炎上対策」として、どう見てもマイナス

この記事は夜間飛行の小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年7月3日 Vol.041 <梅雨はそろそろ飽きた号>の冒頭です(写真:pretty world / PIXTA)

6月5日にフジテレビで放送された金曜プレミアム「池上彰 緊急スペシャル!」において、韓国の方のインタビューに、しゃべっている言葉と全然違うテロップおよび吹き替えが載せられていたとして、問題になっている。公式サイトでもお詫びが出ている。

池上彰 緊急スペシャル! お詫び

判明したのは2箇所。女性のインタビューで「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」と、テロップが載ったものの、実際の音声を韓国語がわかる人が聴くと、「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」としゃべっているという。

通常はどのような段取りで編集する?

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

意味がまったく逆になっているようだが、フジテレビによると、この音声部分は韓国について話している部分で、別の部分では「日本が嫌いです」と答えているという。

また別の男性インタビューでは、「日本人にはいい人もいますが、国として嫌いです」と吹き替え音声を載せている。ここはオリジナル音声が途中で消えているので、最初の方しか聴き取れないようだが、「過去の歴史を反省せず、そういう部分が私はちょっと…」という発言だという。

こちらも内容がズレているが、やはり別の部分では実際に吹き替えのように発言しているという。

実際に僕も編集マンとして過去、自分で言葉がわからない外国語話者のインタビューを編集したことは何度もある。こういうのをどういう段取りでやるかというと、一度ビデオを通訳の方に送って、だいたいどういうことをしゃべっているか、書き起こしてもらう。

そしてディレクターや編集者がどの部分を使うかを決めて、番組全体を構成する。そして実際にインタビューのうち、具体的に何分何秒から何分何秒までを使うか、という時には、通訳さんを編集スタジオに呼んで、ここからここまで切り取って問題ないかを確認してもらう。なぜならば、編集者はどこが文章や意味としての切れ目なのかがわからないからである。

次ページさらにチェックすべき項目が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT