ディーン・フジオカがブレイクした真の理由

実は女性より「男がホレる男」だった

ここまで挙げてきたディーンさんのパーソナリティーを書き出してみましょう。行動力と機動力、グローバル性、柔軟性と着眼点の良さ、新たな場所やリスクを楽しむ勇気、自分の信じた道を行く信念、好奇心の強さと強烈なこだわり、プライベートの自己開示――。

「注目せずにはいられない存在」の秘訣

「もし大学生時代の予定通り、ビジネスマンになっていたとしても成功を収めていたのは間違いない」。ディーンさんは、そう思わせるだけのパーソナリティーを併せ持っているのです。裏を返せば、これだけのパーソナリティーを培ってきたからこそ、芸能界では遅咲きと言える35歳でブレイクできたのでしょう。

なかでも、私がディーンさんを見ていて最も感心するのは、どんな番組に出ているときでも、「仕事をしているのが楽しそう」、引いては「生きているのが楽しそう」に見えること。各国のエンタメシーンを渡り歩きながら、それぞれの場所やそれぞれの瞬間を楽しむ姿を見せることこそ、「注目せずにはいられない存在でいる」秘訣のような気がします。

ディーンさんは、いわば「一カ所に留まってはいられない」、少年のような冒険心を持った人。それだけに今後も私たちをアッと驚かせるような活躍を見せてくれるでしょう。“優秀なビジネスマン”の一人としてディーンさんの動向から今後も目が離せません。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?