松本人志の発言がこんなにも注目される理由

フジ「ワイドナショー」に見えるコンサル化

フジテレビ系『ワイドナショー』は毎週日曜10:00~10:55、『ワイドナB面』は同10:55~11:15に放送中だ

毎週日曜昼ごろから月曜午前にかけて、ネット上にダウンタウン松本人志さんのコメントを引用した数多くの記事がアップされています。そのすべてが、毎週日曜10時~放送されている『ワイドナショー』(フジテレビ系)での発言を書き起こしたもの。同番組にも、裏番組の『サンデージャポン』(TBS系)にも個性豊かなコメンテーターがそろう中、なぜ松本さんだけのコメントがこれほど抜粋されるのでしょうか。

「そりゃあ、大物芸人だからだよ」と思うかもしれませんが、最近の松本さんの言動を見る限り、心境の変化が影響しているように感じます。

ジャンルと事務所を超えた立ち位置

『ワイドナショー』は、MCの東野幸治さんが、唯一のレギュラーコメンテーターである松本さんを中心に、週替わりのゲストコメンテーターに話を振っていくという形式の番組。実質的には東野さんと松本さんのダブルMC状態で、松本さんもゲストコメンテーターたちに話を振り、そのコメントをイジっています。

しかもそのゲストコメンテーターは、小倉智昭さん、中居正広さん、泉谷しげるさん、東国原英夫さん、武田鉄矢さん、長嶋一茂さん、茂木健一郎さん、乙武洋匡さん、指原莉乃さん、ラフルアー宮澤エマさんら、ジャンルレスなクセ者ぞろい。特に最近は、社会学者・古市憲寿さんの「キスが嫌い。唾液の交換が苦手」などの不思議キャラを引き出し、サッカー元日本代表・前園真聖さんをお酒ネタでイジり倒すことで、彼らをプチブレイクさせています。

また、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、金曜よる8時~)のコーナー「お悩みハシゴ酒」に目を向けても、松本は加護亜依さん、清原和博さん、上西小百合議員らをイジリつつアドバイスを送っていますし、『クレイジージャーニー』(TBS系)でも旅行家たちの魅力を引き出しています。

かつて松本さんは、今田耕司さん、東野幸治さん、板尾創路さん、木村祐一さん、ほんこんさんら後輩芸人や、気心の知れたスタッフを率いる総大将。会社で例えるなら社長のような立ち位置でしたが、このところ「ジャンルや所属事務所の枠を超えてアドバイスを送り、魅力を引き出す」コンサルタントのような立場になっています。

次ページ結婚前と正反対の姿が視聴者には新鮮
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。