熱烈支持!「しくじり先生」が生んだ名言たち

有名人が自ら語る「黒歴史」に釘づけ

昨年10月の放送開始から、瞬く間に人気番組となった「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)。

午前0時台にスタートする深夜番組にもかかわらず、6〜7%もの視聴率を獲得。今年4月から、ゴールデン帯(毎週月曜 夜8時〜放送)に昇格することとなりました。

新たなヒット番組が生まれにくい時代と言われる中、「異例のスピード出世」と話題になっていますが、なぜこんなにも早く成功したのでしょうか。

赤裸々すぎる!しくじりエピソード

人気化する「しくじり先生 俺みたいになるな!!」

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は、過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”たちが
、しくじり学園の生徒たちに、自ら失敗から得た教訓を教える番組です。

毎回、しくじり経験を持つタレントやミュージシャンが、オリジナルの教科書とVTRを使いながら、約30分の授業を行っていきます。

本連載が待望の書籍化!新たに書き下ろし部分を加え、相棒、マツコ、池上彰など、話題の番組を徹底分析!

筆者が同番組を最初に見たのは、本当に偶然でした。昨年10月、会食を終えて深夜に帰宅したとき、何気なくテレビをつけたら、たまたま放送していたのです。そのときの先生は、オリエンタルラジオ。あまりにも自らの失敗体験を赤裸々に語るので、一気に酔いが覚めてしまったほど。

その後、杉村大蔵さん、立川俊之さん(元大事MANブラザーズバンド)、ダイヤモンド☆ユカイさん、石田純一さんなどが“しくじり先生”として次々に登場。筆者はすっかり、この番組のとりこになってしまったのでした。

なぜ視聴者はこの番組にはまってしまうのか。そこにはシンプルだけれども新しい、次の3つの戦略があったように思います。

次ページ名言の数々
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。