迷走?「ヨルタモリ」にガッカリする理由

壮大なる「試作品」の行方はどうなる

「笑っていいとも」終了後、タモリさん初のレギュラー番組として鳴り物入りで始まった「ヨルタモリ」(フジテレビ系、10月19日開始)。筆者も楽しみにしていて、録画ではなく生で見たのですが、ふたを開けてみると、超絶ガッカリ……。

国民の期待していたタモリ番組と微妙に違う?(フジテレビHPより)

ネット上でも賛否両論、視聴率は前番組の「新堂本兄弟」の最終回を下回る微妙な感じ。国民的なスターであるタモリさんの番組なのに、何でこんな感じになっちゃったのな~というのが正直な感想です。

後述しますが、日本のバラエティ番組の初回はすべて「試作品」。「ヨルタモリ」も例外ではなく、まさに開発途上。

「『今夜は最高』を思い出した」

「フラメンコとハエのコントが面白くて大笑いしてしまった」

「タモリさんが楽しそうでこっちまで楽しくなる」

というコアファンからの好意的な意見が相次ぐ中、

「トーク部分の変なキャラ設定は不要」

「なんか思っていた感じと違う」

「昭和の番組はこんな感じなのか」

「トーク番組なのかコントなのか中途半端」

といった辛辣な意見も。

筆者はどちらかというと後者の立場。これからどんどん改善されていくでしょうが、一部の視聴者を代表して、今回は、ガッカリポイントをまとめてみたいと思います。

ガッカリ① タモリの番組ではない

「ヨルタモリ」は、宮沢りえさんがママを務めるバーを舞台に、タモリさんが客としてふらりと訪れ、ゲストとトークを繰り広げる番組だという触れ込みでした。番宣も番組のポスターも、「タモリさんのトークショー」と打ち出していたように思います。

ところが、「ヨルタモリ」は、タモリさんのトークショーではなく、「徹子の部屋」ならぬ「りえのバー」。宮沢りえさんを中心とするトークショーだったのです。

次ページタモリがチョイ役?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。