迷走?「ヨルタモリ」にガッカリする理由

壮大なる「試作品」の行方はどうなる

たとえば、「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」(テレビ朝日系)は、うまく試作品から脱却した番組。深夜番組の時代は、タカアンドトシの2人が、ハバネロ鍋を食べたり、1週間野菜だけで生活したり、体を張って実験する企画を数多く試していました。その中で、「帰れま10(かえれまてん)」というヒット企画にたどり着きます。「帰れま10」は、居酒屋チェーンなどの人気メニュー上位10品を注文しながら当てていく企画ですが、これが深夜であたり、2010年にゴールデンに昇格したときには、「お試しかっ」=「帰れま10」になっていました。

さて、現在も金脈にたどり着けず、迷走中なのが「バイキング」(フジテレビ系)。月曜日から金曜日までMCから企画から、何から何まで数多く試そうとしている心意気は伝わってきます。しかし、放送開始して6カ月以上も経つのに、いまだ「試作品」。莫大な予算をかけて試作品を作り続けられるというのは、制作者としてはぜいたくなことですが、スポンサーや視聴者は困惑しているのではないでしょうか。「ヨルタモリ」は早く、試作品から本作品に昇格してほしいと思います。

シンプルに徹しないのはなぜ

アメリカの3大ネットワークの深夜番組は、どれも「トークショー」で、皆、フォーマットはほとんど同じ。代表的なのは20年以上続く長寿番組「レイトショー・ウィズ・デイビッド・レターマン」(CBS)。トークコーナーでは、オバマ大統領から映画スターまでがゲストで出演し、音楽コーナーではコールドプレイなど人気アーティストがライブで歌いますが、とてもオーソドックスな作りです。デイビッド・レターマンはコメディアンなので、ところどころ、世相風刺コーナーやコントビデオも流れますが、メインはゲストとの1対1のトーク部分です。

視聴率を取るためだったら何でもやるアメリカのテレビ局が、こういうフォーマットに落ち着いているということは、結局、変に凝らないで、出演者の魅力を最大限に引き出すリアルフォーマットのほうが、視聴率は取れるということかもしれません。

「ヨルタモリ」の来週のゲストは井上陽水さんだそうですが、あの奇妙なフィクション空間で話を聞くのは本当にもったいない。

「笑っていいとも!」のファンを取り戻すか、全編フィクションにしてコアファン向けにするか。「ヨルタモリ」が戦略的な方針を固めて、試作品から卒業する日を一視聴者として楽しみにしています。永遠の試作品で終わりませんように……。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT