テレビに視聴者がうんざりしている真の理由

目先の視聴率狙いで繰り返される策にノー!

「今のテレビ、ここが変!」。視聴者が本音をぶちまけます(撮影 : 梅谷秀司、尾形文繁)

みなさんは今のテレビを見て、何かしら「これはおかしい」という不満や、「何でこうなの?」という疑問を抱いていないでしょうか? 1人の視聴者であるとともに、テレビ局や関連会社に出入りしている私も、いくつかの不満や疑問を抱いてきました。

そこで200人の一般視聴者(10~60代の男女各100人)に「テレビへの不満や疑問はありませんか?」というアンケートを実施。みなさんには共感、テレビマンにとっては耳の痛い声が集まりました。

東洋経済オンラインは、多くのテレビマンも読んでいる媒体だけに、一般視聴者の率直な声を届けるとともに、改善のヒントを探っていきます。

「無料放送だから大丈夫だろう」の過信

最も多かったのは、「CM前後で同じ映像を見せられる」という不満の声。「いいところでCMに行くだけでストレスがたまるのに、CM明けに同じ映像を見せるのは時間の無駄。視聴者をなめている!」(30代男性)、「同じ映像を見せられた分、その後のハードルが上がるのに、大抵面白くない」(40代女性)という厳しい声があがりました。

視聴者にしてみれば、「番組にのめり込みテンションが上がっていたのに、台なしにされてしまう」という印象が強いようです。そもそも、仕事や家事、趣味や自分磨き、SNSでのコミュニケーションなど何かと忙しい現代人にとって、無駄な時間に対するストレスはかなりのもの。テレビもネットや本などと同じように効率よく楽しみたいのに、それができないのでは、不満を感じて当然でしょう。

多くの番組がこうした演出をするのは、みなさんの予想どおり、「チャンネルを変えずにCMを見てもらいたい」から。CMに入るとき、「絶対見逃せない」と思わせて、他の番組に変えられないようにしているのです。テレビマンたちは、いまだ「これくらいの演出は大丈夫だろう」「無料放送なのだから許容範囲でしょ」という過信があるのかもしれません。

次ページCMへのイメージも悪くなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT