テレビ局の「ネット音痴」意外にも深刻な実態

「逃げ恥」大ヒットを大多数が学べていない

テレビ業界のネットオンチもここまできたか……(撮影:尾形文繁、田邉佳介、吉野純治)

視聴形態が多様化した現在でも…

約40年間続いた「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)の終了や、「ザ!世界仰天ニュース」「嵐にしやがれ」(ともに日本テレビ系)の放送時間移動など、春のテレビ番組改編に関するニュースが次々に報じられています。

改編の基準となっているのは、ひとえに視聴率アップ。録画機器やスマホが普及し、視聴形態が多様化した現在でも、テレビ業界の「リアルタイム視聴=CM収入」という意識は変わっていません。

その象徴は、視聴率トップの日本テレビ。「高品質の番組を作ろう」という姿勢が見える一方で、「他局の連ドラは徹底的に潰す」という考え方が随所に見られます。たとえばこの冬も、TBSの金曜ドラマ「下剋上受験」スタートに合わせてジブリ映画の“再放送”を3週連続で放送し、同じくTBS日曜劇場「A LIFE」のスタートに合わせて「行列のできる法律相談所」の“3時間特番+特別MC・明石家さんま+19時からの先行放送”をぶつけました。

ただ、これは日本テレビに限った話ではなく、他局も大小なりとも似たようなことをしています。一方、視聴者にしてみれば、「テレビ局同士で潰し合うなんてみっともない」と視野の狭さに脱力してしまうのではないでしょうか。

しかし、それ以上に視野の狭さを感じさせる施策がありました。先述した「A LIFE」の初回放送日14時から、「(主演俳優の)木村拓哉密着ドキュメント」という「情熱大陸」(TBS系)風の番宣番組を作って放送していたことです。

私はこの番組を見ながら、「テレビ業界のネットオンチもここまできたか……」とショックを受けてしまいました。そして皮肉にもそれを象徴しているのが、同じTBSが手掛けた「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、「逃げ恥」)の大ヒットなのです。

次ページ「逃げ恥」のネットPRは一般企業と同じ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT