能年玲奈「改名」で見えた焦りとかすかな希望

「洗脳」は本当にあった?なぜ「のん」に改名?

「現状、仕事なし」からの突破口とは?(写真:日刊スポーツ新聞社)

『週刊文春』で阿川佐和子さんのロングインタビューを受け、『FRIDAY』でも2週に渡るグラビア+インタビューが掲載。さらに、テレビでは主演映画『ホットロード』(日本テレビ系)が放送される(CSファミリー劇場で「あまちゃん」も放送中)など、ひさびさに能年玲奈さんの姿を見かける機会が続きました。

……というより、ネットニュースなどで、「能年玲奈」から「のん」への改名を知って驚いた人が多かったのではないでしょうか。ただ、センセーショナルに煽り立てる記事はあっても、あらためて彼女の人柄に迫り、今後を占うようなコラムは見かけません。

ここでは、「能年さんにお会いしたことがあり、ほぼすべての作品を見てきた」テレビ解説者の立場から、また、「多くの悩み相談に乗ってきた」人間関係・コミュニケーションのコンサルタントという立場から、騒動の内容と今後の展開を分析していきます。

日本中を笑顔にさせた「あまちゃん」(NHK)から早3年。芸能界のしがらみやブランクなどの危機が叫ばれる中、能年さんの復活はあるのでしょうか?(このコラムは、みなさんが読みやすいように、あえて「のんさん」ではなく、「能年玲奈さん」と書かせていただきます)

テレビ番組は「のん」改名を認めていない

ここにきて能年さんの話題が再燃したのは、所属事務所との契約が6月いっぱいで終了したから。それまで「洗脳」「引退」などの報道があり、1年以上に渡って「干された」状態が続いていましたが、再び表舞台に顔を出せるようになりました。

しかし、前所属事務所が「昨年4月から話し合いが進まず、仕事を入れられなかった」ことを理由に、その間15カ月の契約延長を求め、さらに「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するときは許可が必要」とした文書を送っていました。また、「誠に遺憾ながら、現在まで解決に至っておりません」という反論を一部メディアに公表して世間に発信したことで、プロデューサーたちに「起用しづらい」という心境を抱かせたのは間違いありません。

次ページ改名をニュースとして扱う番組すらなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT