能年玲奈「改名」で見えた焦りとかすかな希望

「洗脳」は本当にあった?なぜ「のん」に改名?

「現状、仕事なし」からの突破口とは?(写真:日刊スポーツ新聞社)

『週刊文春』で阿川佐和子さんのロングインタビューを受け、『FRIDAY』でも2週に渡るグラビア+インタビューが掲載。さらに、テレビでは主演映画『ホットロード』(日本テレビ系)が放送される(CSファミリー劇場で「あまちゃん」も放送中)など、ひさびさに能年玲奈さんの姿を見かける機会が続きました。

……というより、ネットニュースなどで、「能年玲奈」から「のん」への改名を知って驚いた人が多かったのではないでしょうか。ただ、センセーショナルに煽り立てる記事はあっても、あらためて彼女の人柄に迫り、今後を占うようなコラムは見かけません。

ここでは、「能年さんにお会いしたことがあり、ほぼすべての作品を見てきた」テレビ解説者の立場から、また、「多くの悩み相談に乗ってきた」人間関係・コミュニケーションのコンサルタントという立場から、騒動の内容と今後の展開を分析していきます。

日本中を笑顔にさせた「あまちゃん」(NHK)から早3年。芸能界のしがらみやブランクなどの危機が叫ばれる中、能年さんの復活はあるのでしょうか?(このコラムは、みなさんが読みやすいように、あえて「のんさん」ではなく、「能年玲奈さん」と書かせていただきます)

テレビ番組は「のん」改名を認めていない

ここにきて能年さんの話題が再燃したのは、所属事務所との契約が6月いっぱいで終了したから。それまで「洗脳」「引退」などの報道があり、1年以上に渡って「干された」状態が続いていましたが、再び表舞台に顔を出せるようになりました。

しかし、前所属事務所が「昨年4月から話し合いが進まず、仕事を入れられなかった」ことを理由に、その間15カ月の契約延長を求め、さらに「契約終了後も『能年玲奈』を芸名として使用するときは許可が必要」とした文書を送っていました。また、「誠に遺憾ながら、現在まで解決に至っておりません」という反論を一部メディアに公表して世間に発信したことで、プロデューサーたちに「起用しづらい」という心境を抱かせたのは間違いありません。

次ページ改名をニュースとして扱う番組すらなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。