中居正広がベッキーの本音引き出した超話術

13日放送「金スマ」はまさに上司と部下の会話

「金スマ」は5月13日にTBS系で放送された(撮影:今井 康一)

TBSテレビ系で5月13日(金)夜に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が、いまだ話題を集めています。

その大半は、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんとの不倫騒動で、芸能活動を休業していたベッキーさんに関するものですが、チラホラ見かけるのが、相手役を務めたSMAP・中居正広さんを絶賛する声。一般人から、タレント仲間、コミュニケーションの専門家まで、さまざまな立場の人々が中居さんをほめたたえています。

私が番組を見て感じたのは、2人の会話が「中居さん=上司、ベッキーさん=部下、という一般企業の構図に当てはまる」ということ。ここでは、プロのインタビュアーであり、コミュニケーションに関する著書を5冊持つという立場から、中居さんのどこが優れていたのか? みなさんがどのようにマネをすればいいのか? などを解説していきます。

冒頭のダジャレと厚い信頼感

以下、2人の会話を“ほぼ完全再現”しながら、中居さんの対応を考察します(中居さんは「中居」、ベッキーさんは「ベッキー」に略)。

中居 「(ベッキーさんの登場に合わせて)「チャッチャチャーン。お久しブリーフ」

ベッキー 「おひさしぶりです」

中居 「(うながすように)おいベッキー、ちゃんと言わなきゃいけないんじゃないの?」

ベッキー 「視聴者のみなさま、『金スマ』の出演者のみなさま、スタッフのみなさま。この度は私事でご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした。本当にご迷惑をおかけしましたが、心も入れ替えましたので」

中居 「(食い気味に)頼むよ、レギュラーなんだから!スタメンなんだから!」

ベッキー 「ご迷惑でなければみなさんと……」

中居 「もうジタバタしないでよ。すぐにジタバタするから。オレも(SMAPの独立騒動で)ジタバタしましたけど……笑いごとじゃないんだから(笑)」

次ページまるで上司と部下
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT