「新・好感度オバケ」DAIGOが愛される理由

嫌われず、男も癒やす4つのポイント

「日本ジュエリー ベストドレッサー賞」表彰式で日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞したDAIGOさん=2016年1月21日(写真:日刊スポーツ新聞社)

去る4月29日、熊本の地震災害で日本中が自粛ムードの中、DAIGOさんと北川景子さんが結婚披露宴を行いました。自作のプロポーズソング『KSK』(結婚、して、ください)が感動を呼ぶなど、芸能・政治関係者約500人が集った披露宴は大成功。ほぼすべての情報番組で好意的に報道されたほか、ネットでの反応も祝福するものばかりでした。

DAIGOさんが順調なのは、プライベートだけではありません。今春からMCを務める3つの番組、『7時にあいましょう』(TBS系)、『ライフUP』(NHK)、『セノビタビ。』(フジテレビ系)がスタートするなど、まさに順風満帆。かつて、「好感度オバケ」と言われたベッキーさんが不倫騒動でバッシングを受ける今、そのフレーズが最もふさわしい存在となっています。

竹下登元首相の孫で裕福な家庭に育ち、夢だったミュージシャンになり、美人女優と結婚するなど、とかく反感を招きかねない点が多いにもかかわらず、DAIGOさんが「誰からも好かれる」「ほとんど嫌われない」のはなぜなのでしょうか? ビジネスマンも見習いたい4つのポイントを挙げていきます。

基本姿勢はゆるさとヘタレ

まずゴールデンタイムでの初MCとなった『7時にあいましょう』での振る舞いを見てみましょう。「さぞ気合いが入っているだろう」と思いきや、DAIGOさんは「奥さん(北川景子さん)から『何かあったら有田(哲平)さんに甘えろ』って言われたんで」と脱力した言葉を放ったあげく、終了間際に感想を聞かれたときも「(DAI語の)HT! 100点満点」と笑顔で自賛。MCになっても背伸びせず、ゆるさやヘタレを感じさせる振る舞いは変わらなかったのです。

ビジネスマンのみなさんとしては、「それのどこが好感度につながるの?」と感じるかもしれませんが、実は「力まない」「ツッコまれやすい」は、仕事ができる人や役職の高い人ほど求められる特徴。それらが話しかけやすさや親近感につながり、仕事の質や成果をフラットな目で見てもらいやすくなるのです。

次ページ「人を楽しませたい」という秘めた熱い思い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。