売れっ子芸能人が相次ぎ引退している理由

「有名税」が高くなりすぎている

事情はそれぞれですが、昔とはとらえ方が変わってきている部分もあります(映画「ファンタスティック・フォー」プレミアイベント 映画「ファンタスティック・フォー」のイベントに出席した堀北真希さん=2015年10月6日、写真:日刊スポーツ新聞社)

3月1日、女優の堀北真希さんが突然の引退を発表しました。結婚して子どもが生まれたため、家庭を優先してこのような決断をしたといわれています。最近、このように第一線で活躍する芸能人が突然引退するケースが目に付きます。成宮寛貴さん、江角マキコさん、清水富美加さんなど、それぞれ引退に至るまでの経緯も置かれていた立場も違いますが、多くの芸能人が唐突に芸能界を去っています。

もちろん、今までにも引退を表明する芸能人はいました。しかし、ここまで知名度が高く、これからも活躍が期待されるような人たちが、立て続けに引退しているというのは、これまでになかった現象に見えます。一般人から見ると、誰もが知っている売れっ子芸能人になるというのは大変なことであり、1度その立場を得たら、できるだけそれを守りたいと思うはずです。ところが、時として彼らはいとも簡単にその地位を手放して、芸能界から離れていってしまうように見えるのです。どうして最近、このような動きが目立っているのでしょうか。

つねに好奇の目にさらされながら

私が考えた仮説は「芸能人であることがビジネスとして割に合わなくなってきているから」ということです。一昔前までは、芸能界で売れてスターになれば、それに見合うだけの地位や名声や報酬が得られたのだと思います。

一方で、芸能人であることにはデメリットもあります。売れっ子になればあちこちから声がかかり、仕事に忙殺されて自由が奪われます。時には睡眠時間を削ったりしなければいけないこともあるでしょう。また、顔が知られているとプライベートでも行動が制限されます。休みの日でも気軽に出歩くこともできません。

次ページSNSなどでも芸能人の目撃情報などが共有され…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。