「ボヘミアン・ラプソディ」なぜ若者に人気?

「元祖Jポップ」としてのクイーンの魅力

さて、日本の音楽シーンにおいて「クイーン・フォロワー」は一見すると見つけにくい。しかし分析的に聴くと、クイーンと共通点の多いバンドがある。

1980年代でいえば、楽器やコーラスを幾重にも重ね、その上に小田和正の高音ボーカルが乗るサウンドを量産したオフコース。1990年代以降でいえば、カラオケで歌いたくなる快感性の強いメロディー、大サビまであるドラマティックな構成に加え、桜井和寿の乾いた高音ボーカルが印象的なMr.Children。彼らはサウンドがクイーンと似ている部分が少なくない(Mr.Childrenは今年「here comes my love」という、クイーン色の強い楽曲を発表)。

しかし、1980年代から現在に至るまで、クイーン・サウンドを意識的に活かしながら、第一線の人気を得続けた決定的な存在はTHE ALFEEだ。いくつかの代表曲における、3人による分厚いコーラス、派手派手しく歪んだギターサウンド、そしてキャッチーなメロディーは、実にクイーン的だと思う(2006年に発表された楽曲「ONE」は、とりわけクイーン色が強い)。

オフコースとMr.Children、THE ALFEE。この一見バラバラな3つのバンドに、クイーン・サウンドの遺伝子を見てみたが、彼らはあくまでここで挙げた例にすぎない。

もっと幅広いさまざまなバンドが、「日本で最も人気のある洋楽バンド」クイーンから直接的・間接的に影響を受け、「音の厚み」「メロディーの明快さ」「ドラマティックな構成」のあるサウンドを拡大再生産し続けた結果、現代のJポップ・サウンドが形作られていったのである。

そんなJポップ・サウンドを、子どものころから聴き続けてきた若年層が、JポップらしさをJポップよりも含有している、ある意味「JポップよりもJポップらしい」クイーン・サウンドの魅力に惹かれ、あの音の世界・音の洪水にまた溺れたいと思った――この構造が、映画『ボヘミアン・ラプソディ』における「若年層需要」と「リピート需要」の獲得要因だと考えるのだ。

この映画は単なる伝記ではない、「ショー」だ

実は、私自身はこの映画に感動しつつも、いくつかの史実の跳躍など、正直乗り切れない部分もあった。これは“半“リアルタイム世代の狭量な感覚だろうか。しかし、クイーン・サウンドにハマっている若年層を見て、この映画はドキュメンタリーではなく「ショー」として、最高の出来なんだと思い直すことにした。

映画の最後の最後に流れる曲は、「ザ・ショー・マスト・ゴー・オン(The Show Must Go On)」。2018年の洋画シーンは『グレイテスト・ショーマン』に始まり、グレイテストなショーとしての映画=『ボヘミアン・ラプソディ』で暮れていく。

来る2019年、次の元号の時代にも、とびっきりのショーが、ずっとずっと続いていくことを願う。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?