リーガルV、米倉涼子を「鉄子」にしたのは誰?

ドクターXの後継、鉄道ネタ満載の法廷ドラマ

「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子」。米倉涼子演じる鉄道に詳しい元弁護士が、鉄道員のように敬礼する。第1話より ©テレビ朝日
10月11日からテレビ朝日系列で放送されているドラマ「リーガル V~元弁護士・小鳥遊翔子~」が鉄道ファンの間で話題になっている。本作は米倉涼子主演の大人気シリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の制作チームが作り上げた新機軸のドラマ。「法廷もの」「ミステリーもの」「米倉涼子」など、見どころは盛りだくさんだが、そこへ「鉄道」という新たな要素も加わった。

米倉涼子が演じる主人公の小鳥遊(たかなし)翔子は何らかの事情で弁護士資格を剥奪されている。しかし、高橋英樹が演じる弁護士資格を持つ大学教授をそそのかして弁護士事務所を設立。ワケありのメンバーを集め、自らはその管理人として弁護士たちをこき使う。そして、小鳥遊翔子は筋金入りの「鉄子」でもある。

第1話では証言台に立ち、電車のドアステッカーの知識を披露して被告の無罪を証明し、第2話では真岡鐵道の「SLもおか号」に乗り、「この客車はレッドトレイン~♪」と叫び、第3話では「天浜線サイコー」と大はしゃぎ。演じる米倉涼子は、実は鉄道の知識がほとんどない。しかし、戸惑いつつも楽しく役作りをしているという。
なぜ、主人公は「鉄子」という設定なのか。本作のエグゼクティブプロデューサー、内山聖子氏に聞いた。

大門未知子に旅をさせたかった?

――なぜ小鳥遊翔子は「鉄子」の設定になったのでしょう。

御岳登山鉄道のケーブルカーの窓から絶叫する小鳥遊翔子。第3話より ©テレビ朝日

ドクターXでも鉄道や旅の要素を絡めたかったんです。でも、主人公にそのキャラクター付けをしていなかった。

米倉さんはスタイリッシュで格好いい人です。そのため、ドクターXで大門未知子のキャラクター設定に際しては、私たちや視聴者に近づける一面を持たせるために、「麻雀が好きだけど下手」「趣味は卓球」「銭湯ファン」という性格付けをしました。鉄道が好き、旅が好きという要素も入れたかったのですが、5年以上も続いた大門未知子に旅や鉄道の要素を入れ込むと「後付け」みたいな感じになってしまいます。

次ページ鉄道ファンも納得、小鳥遊翔子の「鉄道マニア度」
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。