大盛況の「京急ビール電車」で起きた緊急事態

キリンとのコラボ、人気高まり運行本数増加

大盛り上がりをみせた京急のビール列車(撮影:尾形文繁)

昨年10月14日に京浜急行電鉄とキリンビールがコラボした「ビール電車」がたいへんな反響を呼んだ。電車に揺られながら約2時間にわたってビールが飲み放題になり、車内は大いに盛り上がった。といっても通常の鉄道イベントとはまるで違って、ノリはいわゆる”酔っ払い”のそれだ。

運行終了後に話を聞くと、参加者やキリンビール側は上気した顔で「ぜひ、またやりたい」と語った。その一方で、京急の担当者は即答できずに「社内に持ち帰って検討させていただきます」と答えるのが精いっぱいだった。

京急といえば、大手私鉄の中でもユニークなイベント列車を次々と繰り出している。あれから8カ月、京急は期待を裏切らず、再びビール電車を運行してくれた。

昨年のビール電車は夜に1本運行しただけだった。乗車券は販売開始5分で売り切れるなど希望者が殺到した。今回は運行本数を昼と夜の2本に拡大。「臨時ダイヤを組むのが大変でした」と京急担当者が語る。

京急ストアでビールを買うと抽選で当たる

運行本数が増えたことで、募集人数は80人から160人へと倍増した。そのうち40人については京急ストアでのキャンペーンによる招待という方式が導入された。期間内に京急ストアでキリンビールの対象商品を600円分以上購入した人が応募対象で、抽選で選ばれる。

「京急ストアさんでの1人当たりの当社商品購入単価が通常期よりも上がった」と、キリンビールの営業担当者はホクホク顔。昨年は鉄道会社にとどまるイベントだったが、今年はグループ会社のスーパーにも波及効果が出たようだ。

参加者の残り120人は昨年同様、京急ホームページでの申し込みとなった。応募開始は5月8日月曜日の朝10時。先着順だが1回当たり最大4人分申し込めるので、30人のアクセスで受け付け終了という事態もありうる。この”プラチナチケット”を入手しようと、応募開始時刻に多数の希望者がサイトにアクセスし、昨年同様わずか5分で完売した。

次ページそして当日を迎えた
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。