大盛況の「京急ビール電車」で起きた緊急事態 キリンとのコラボ、人気高まり運行本数増加

拡大
縮小

緊急時に備えて1号車にトイレが1つだけ設置されていたが、「あくまで緊急用」との理由から、乗客へのアナウンスはなかった。小島新田での発車間際に「トイレに行きたいから降ろして」と泣きついた女性参加者がいた。発車時間が迫っているという理由でその願いはかなわず、結局この女性はスタッフに連れられ、車内トイレを利用したようだ。

また行程終盤には、飲みすぎのせいか寝入ってしまった人も散見された。寝るだけならよいが、悪酔いして嘔吐でもしたら周囲には大迷惑だ。

最近はビール電車を運行する鉄道会社が各地で増えている。他社の状況はどうか。関東鉄道の「関鉄ビール列車」は、車内にトイレを設置していない。およそ3時間の行程だが「十数分間隔で途中駅に停車するので、我慢できないというお客様はいません」という。

他社も知恵を絞る「緊急事態」への対応

テーブルは、列車の揺れで倒れないように固定されている(撮影:尾形文繁)

25年前から夏季にビール電車を運行している豊橋鉄道。運行スケジュール上、トイレのための途中停車時間は十分確保しているが、「どうしても我慢できないというお客様がいたら、途中の停留所に臨時停車して下車していただくことも可能」(広報担当)という。ただし、後続の営業列車もあるため、乗客を待たずにそのまま発車してしまうそうだ。

1人でビールを5~6杯も飲めば、突然トイレに行きたくなる人もいるし、酔い潰れる人もいるだろう。ある鉄道会社のビール電車では嘔吐した参加者が出たことがある。スタッフがてきぱきと消毒、消臭などの処置をして事なきを得た。

狭い車内でこうした事態が起きると、楽しい思い出は一変する。イベントを楽しい思い出にするためには、安全運行だけでなく、こうした緊急事態にも備え万全の対策を練っておくべきだろう。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT